女性転職

女性が転職考える理由

仕事は決して簡単に決まりません。自分が働きたい場所と思う事、そして会社側が受け入れたいと考えなければ採用されません。

色々な努力をして内定を勝ち取りようやく入社したなら気持ちも落ち着き、この場所で長く働きたいと普通は考えるものです。しかし苦労して入社しても、働いていく中で、いつしか転職を検討し始める人も出てきます。

ちなみに転職を決断する理由は人それぞれで、その人が置かれている立場や状況、考え方が大きく関係しています。

いまの人間関係をリセットしたい

職場の人間関係は男女関係なくトラブルになりがちですが、特に女性の方が深く悩みやすい傾向にあります。例えば女性が多い職場だと、気の合う仲間同士でグループが出来ていきます。もしどのグループにも属さないとなると、職場の中で孤立していく可能性が高いです。

もちろん1人でも何も動じない人もいますが、陰口や悪口を言われ、陰湿な嫌がらせを受けると仕事にも差し支えます。また仲の良い人がいる人もずっと安泰とは限りません。嫉妬や妬み、噂話によって一気に関係が崩れていく事もあり、この場合は最初から孤立している人より職場に居づらくなります。

他にも先輩や同僚によるいじめ、さらに上司からのパワハラやセクハラに悩まされる女性もいます。人間関係での悩みは体よりも精神的なダメージが大きく、心が壊れてしまう前に早く<抜け出したいと考えるようになるのです。

やりがいのある会社で働きたい

仕事の内容が楽しいか、やりがいを感じられるかによってモチベーションも変わってきます。自分が思っていた仕事と違った、ルーティン業務でつまらないと感じる場合は、他の会社へ行けばもっと楽しく仕事が出来るかもと考えるようになります。

また現状維持で満足という人がいる一方で、もっと色々な仕事に挑戦したいと考える女性もいます。特に上昇志向が高い女性は、仕事の達成感を感じたい、スキルアップしていきたいという思いがあり転職を決断します。

仕事量が多すぎる

毎日の仕事の量が多過ぎるのも辛いものです。単純に職場の人手が足りずキャパ―オーバーが続く、残業や休日出勤が当たり前の状態はストレスも溜まります。

仕事中心の生活では自分のプライベートも確保出来ず、趣味に興じる時間も無ければ、友人や恋人に会う時間も奪われるのです。よほど仕事が大好きな人でない限り、仕事への情熱も失われていきます。

派遣社員に将来の不安を感じる

もし派遣社員として働いている場合は、いつまで雇用して貰えるのだろうか、次の更新時は契約して貰えないかもしれないといった漠然とした不安を常に抱えています。

不安定な立場から脱却するには正社員を目指すしかありません。若い頃は派遣社員の働き方が気に入っていても、ある程度の年齢になると将来の働き方について真剣に考える女性も増えていきます。

年代別女性の転職事情

同じ女性でも年代によって転職事情は違います。自分が置かれている立場、また会社が求めている事は40代50代と20代は別物と考えなければいけません。現実的に年齢が高くなるほど転職活動は厳しくなります。

20代の女性

20代女性が転職を検討する時、経験が少ないという点が不安要素になるかもしれません。確かに経験豊富で実績がある人材は重宝されます。

しかし20代には、他の年代にはない若さとポテンシャルの高さがあります。大学院を卒業してから入社してくる社員もいるため、就職経験があったとしても20代なら教育投資する価値があります。特に未経験の仕事に転職するには20代が一番有利となります。

30代の女性

ある程度の経験を積んできた30代は、企業も即戦力として期待しています。やる気だけでは受け入れて貰えず、それなりのスキルが必要になります。

もっと自分自身をレベルアップさせたい、これまでより奥深く仕事を追及したい人はまさに勝負の年代です。ただ未経験の仕事に挑戦する場合は20代より不利な状況になり、少し転職活動も息詰まるかもしれません。

40代の女性

40代ともなると男性同様に、女性も転職が厳しくなります。特に未経験の職場への転職は伸びしろが無いと判断され、正社員として採用される事は難しくなります。

どうしてもその仕事がしたいと考えるなら、必要な資格などを取得してアピールするしか方法はありません。経験を活かした転職も、「長く働いてきた」だけでは企業側の印象には残りません。

一方で、その企業に新しい風を吹き込むようなスキルを持っていれば大きな強みとなります。

50代の女性

年齢がネックとなり、他の年代に比べて非正規社員の割合が大きいです。つまり最初から正社員狙いで転職活動すると、なかなか結果がついてこない可能性があります。

ただ50代は経験や実績が豊富な事、子育てがひと段落した年代という事が大きな強みとなり、貴重な労働力と見なしている企業も多いです。また最初は正規社員として雇用されても、頑張り次第で正社員の座を勝ち取る事は出来ます。

女性の転職で迷ったときの判断基準

もし転職が頭をよぎった時、本当に転職すべきか思いを留めておくか迷うものです。判断を間違えると、後で後悔する事にも成り兼ねません。自分の中で迷いが生じた場合は、判断するポイントを明確にしておくと、選ぶべき方向もわかるようになります。

今の会社で解決できない悩みがあるか

何かしら困っている事がある、悩みがある事が転職理由なら、1人で悩まず今の会社で解決できる方法を探っていきます。陰湿な嫌がらせ、いじめ、セクハラやパワハラは職場で起こりやすいトラブルですが、専門部署や労働組合が設けられている会社なら、まずそこに相談する事が大切です。

驚くほど早く問題が解決する事もあり、結果的に転職しなくて良かったと感じる日が来るかもしれません。もし相談出来る人がいない、相談しても解決しなかった場合は、抱えている悩みがずっと続く可能性があるため、転職を決断しても後で後悔するリスクは少なくなります。

将来を考えた時にどうか

将来を考えた時に自分はどうなっていたいのか?も転職の判断基準となります。もっとレベルの高い所で働いていたい人もいれば、数年後には結婚して家庭と両立させて働く予定にしている人もいます。

つまり現時点では転職で頭がいっぱいになっていても、将来の事を考えると今働いている職場の方が働きやすいという事も考えられるのです。後悔しないためにも感情で先走るより、じっくり将来の事を考えて決断した方が賢明です。

女性の目的別転職サイト

転職を考えた時、効率良く仕事を探すためにも転職サイトは非常に便利です。男性中心の転職サイトが多い中、女性の転職にも強いサイトは存在します。またサイトによって特徴も異なるため、自分の働き方に合わせて登録するサイトを探していく事が大切です。

すべての女性転職におすすめ

取り敢えず登録しておいて損はない、便利な転職サイトがパソナキャリア、 doda、マイナビエージェントの3つになります。まずパソナキャリアはサポート充実の満足度がNo.1と高い評価を受けており、女性の立場に立ったサポートや、キャリアコンサルタントの一人ひとりに寄り添った対応が安心感を与えます。

dodaは当たり外れの少ない万能なエージェントで、たくさんの話を聞いて慎重に転職を決めていきたい人に向いています。サポートの一環として、女性向けのイベントが多数用意されているのも大きな強みです。

そしてマイナビエージェントは、新卒No.1メディアのマイナビが運営する転職エージェントという事もあり、20代の転職希望者から絶大な人気を誇っています。

キャリアウーマン志向

キャリアウーマン志向に向いているのがパソナキャリア、JACリクルートメント、type女性の転職Agentです。パソナは案件数が豊富で、年収400万円以上の案件も多く取り扱っています。

またJACリクルートメントは年収600~2000万円を目指すハイキャリア案件がトップクラスです。type女性の転職Agentは、名前のとおり女性専門の転職エージェントで、女性特化としては20年近い実績を誇ります。質の高い非公開求人が多く、特にIT企業や営業職を目指す人は登録する価値があります。

自分らしく無理せず

自分のペースで働きたい人には、リクナビNEXTやハタラクティブ、クリーデンスといったサイトが向いています。転職業界最大手のリクルートが運営するリクナビNEXTは豊富な求人案件が魅力で、自分に合った仕事を見つけやすいサイトです。

ハタラクティブは若年層を対象にしている事から、20代は登録しておいて損はありません。キャリア相談や職務経歴書、面接対策など様々なサポート体制が整っています。

クリーデンスはアパレル特化した転職エージェントであり、主に大手アパレルやデザイナーズからの求人を豊富に取り扱っています。コンサルタントが経験やスキルを元に会社を紹介していきます。

仕事と家庭の両立

仕事と家庭の両立を目指す人に適したサイトはしゅふJOBパート、スマートキャリア、はたらこねっとです。まずしゅふJOBパートは、主婦に特化した日本最大級の求人サイトです

。昼は一時帰宅出来るなど、主婦ならではの細かい条件を元に仕事を探せるのが人気の理由です。スマートキャリアはハイキャリア経験を活かしつつも、時短で働く方法を見出せるサイトです。

もちろんそれなりの条件が求められますが、好条件の案件が多数揃っています。そしてはたらこねっとは子持ちママや主婦の求人に特化しており、豊富な求人数はもちろん、コンテンツも充実している事から子育てしながら転職を目指す人に便利です。

【幸運Start㌻】一覧記事(選択)
⭐名言集(35)
人気の偉人名言集
⭐方法(20)
⭐情報(45)

 

健康増強