健康をフィットネスで取り戻す

「待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人達の残り物だけである。」
エイブラハム・リンカーン/アメリカ合衆国第16代大統領

より健康的にイキイキと、充実した毎日を送りたい!と思ったときには、ただ待っているだけではもったいないです。自分自身で動いて初めて、理想の自分へと近付いていけるのでしょう。

健康のために何かがしたい!と考え始めたら、まずは気軽にフィットネスジムに通うことからスタートしてみてはいかがでしょうか。働く男女が知っておきたい、フィットネスジム選びのポイントを紹介します。

■フィットネスジムの種類を把握するところからスタートしよう!

日ごろの運動不足が気になる社会人にとって、さまざまなトレーニング機器を使って運動できるジムは魅力的な場所。近年では、仕事帰りのジム通いを習慣にしている方も少なくありません。

とはいえ初めてのジム選びでは、「いったいどこをどう選べば良いのか……」と悩みがちです。後悔しないジム選びをするためにも、まずはジムの種類について把握してみてください。

スポーツクラブやフィットネスジムには、大きく分けて以下の3つの種類が存在しています。

★パーソナルジム

ジム利用者が、専任のトレーナーと1対1でトレーニングを進めていく方式を採用しているのが、パーソナルジムです。専任のトレーナーがトレーニングメニュー作りからトレーニング後のケアまで、しっかりとサポートしてくれるので、挫折しにくく効果が出やすいという特徴があります。

ただし利用者とトレーナーの距離が近い分、利用料金は高め。またジムによってトレーニングに対する考え方が異なるため、自分と合わないところを選んでしまうと、しんどくなりがちです。

パーソナルトレーニングジムを選択するのであれば、ジムの方針やトレーナーとの相性についても忘れずにチェックしてみてください。

★24時間ジム

24時間営業していて、会員は月会費を払い、いつでも自分の好きなタイミングで好きなだけ通えるシステムを採用しています。利用できる設備が限られていたり、常にトレーナーに質問できるわけではなかったりと、デメリットも少なくありません。しかしその分コストパフォーマンスは抜群! お財布に優しく、またジムに合わせて自身のスケジュールを調整する必要もありません。

各種プログラムやトレーナーによる指導は、オプションで用意しているジムが多いです。入会前には、どのようなオプションをいくらで利用できるのか、しっかりと確認しておきましょう。

★総合型スポーツクラブ

トレーニングジムだけではなく、身体を動かすための設備・プログラムが総合的に提供されているタイプとなります。有料プログラムだけではなく、無料プログラムも豊富に用意されていて、習い事感覚で楽しむことも可能です。

ただし利用できる施設やプログラムは、入会するクラブによって差が大きいポイントでもあります。料金体系や各種ルールについてしっかりと把握するほか、自分のやりたいことができるクラブを見つけることが大切です。

スポーツクラブやフィットネスジムは、「どこでも同じ」というわけではありません。その内容にまで目を向けて、自身の要望に添ったジムを選択する必要があるでしょう。

ジムに通うためには、もちろん費用がかかります。1カ月当たりの費用や高いところも安いところもありますが、大切なのは料金に見合ったサービスを提供してもらえるかという点です。

フィットネスジムの数が非常に増えてきている今だからこそ、口コミなども参考にしながら、気になるジムを絞り込んでみてください。

■社会人が優先するべき4つの項目

仕事をしている社会人男女がフィットネスジムへと通う際には、さまざまなハードルをクリアする必要があります。無理なくジム通いをするために、事前にチェックしておくべき優先ポイントを紹介します。

★自宅から近いかどうか

社会人男女がジム通いをする場合、「仕事帰りにちょっと寄っていく」というスタイルをイメージする方も多いことでしょう。この場合、どこにあるジムを選ぶのかによって、その後の生活ががらりと変わります。

利便性の高いジムとしては、

・職場の近く
・自宅の近く

のいずれかが考えられるでしょう。このうち、オススメなのは「自宅の近く」です。

職場の近くを選択すると、ジム内で同僚や上司とばったり会う!なんてこともあるかもしれません。ジム内に職場の人間関係が持ち込まれることに対して、なんとなく憂鬱になる方も多いのではないでしょうか。自宅近くのジムを選べば、こうしたリスクは軽減できます。

またジムで運動した後に、数十分も電車に乗ると考えると、面倒に感じてしまう!なんて方も多いものです。ジムから自宅までの距離が近ければ、帰宅の手間や不安も少なくなります。

★施設や設備の快適性をチェック!

ジム内でどのようなトレーニングが行えるのかも重要ですが、それ以上に大切なのが、水回りのチェックです。トイレやシャワールームなど、快適に使用できる状態かどうかを、きちんとチェックしておきましょう。

ジムに定期的に通うことになれば、使用機会もぐんと増えます。ジム内の設備が快適に使えない状態では、余計なストレスを抱えてしまいますし、徐々に足が遠のいてしまうでしょう。

★想定されるジム利用時間について

フィットネスジムは、それぞれで営業時間が異なります。仕事帰りに通うことを検討するなら、自身の生活スタイルに合わせて、無理なく利用できるかどうかをチェックしておきましょう。

この際、ジムの営業時間だけではなく、トレーニングマシンを使用できる時間についてもチェックしてみてください。また時間内であっても、利用者が多すぎて利用できないことも考えられます。

利用予定の時間帯の客数がどれぐらいなのか、できるだけ詳しくリサーチしておくと良いでしょう。

★スタッフの対応について

どのタイプのジムであっても、ジムで何か困ったときに、対応してくれるのはスタッフです。スタッフの対応が良いフィットネスジムは、ただそれだけで通いやすさがアップします。

実際に入会してみるまで、実態がつかみにくいポイントではありますが、見学や体験入会の際には、ぜひ意識してみてください。実際に通っている方とどのようにコミュニケーションをとっているのかチェックしてみると、対応の良し悪しも見えてくるでしょう。

■ジム通いで挫折しないためのコツ

フィットネスジムで成果を出すためには、何よりもまず続けることが大切です。ジム通いで挫折しないためのポイントは、いったいどこにあるのでしょうか。ジム選びの段階で意識できるコツは以下のとおりです。

・自分の目的をはっきりさせる
・月会費は、無理なく支払える範囲で

フィットネスジムに通う目的は人それぞれで異なるもの。できれば入会前に、自身の目的をしっかりと把握し、それに沿ったジムを選択することが挫折しないためのコツとなります。

どのジムが自分の希望に沿ったプログラムを提供してくれるのかは、体験入会で確かめましょう。トレーニングを通じて、自身の目標を達成することができれば、挫折リスクは低くなります。

またジムに通う際には、出費についても気になるところです。どれだけ気に入ったジムであっても、ジム通いが原因で家計を圧迫するようでは、やはり無理が生じてしまいます。こうした側面からも、本当の意味で自分に合ったジムを選択することが大切です。

日々の健康作りに興味を抱いていても、「いったいどこで運動すれば良いのだろう……」と悩む方は少なくありません。こんなときにはぜひ、フィットネスジムやスポーツクラブにも目を向けてみてくださいね。仕事帰りに気軽に運動できるような、理想の場所を見つけられるのではないでしょうか。

健康や幸福といった目に見えないものを掴むためには、リンカーンの言葉どおり、まずは自分で努力して行動することが大切なのでしょう。ジム選びやジム通いも、きっとそんな「努力」の一つ! 理想の自分を手に入れるため、最初の一歩を踏み出してみてくださいね。