健康を運動で取り戻す

「新しい技術への挑戦というリスクを取らない方がリスクは大きい。
この世界では、何もしない事が一番大きなリスクになる。」
ラリー・エリソン/アメリカの企業家

健康のために何かをスタートしたい!と思っていても、ついつい後回しにしてしまうことはありませんか?

今はまだ忙しいから……。
もう少し暖かくなってきたら……。

自分自身の言い訳をしつつ、ついつい時間が過ぎてしまう……なんてケースも多いですよね。

よりポジティブな気持ちで健康ライフを満喫するためには、言い訳せずに、とにかくまずは始めてみることが大切です。日常生活に運動習慣を取り入れたい!と思う方に向けて、仕事帰りにも挑戦しやすいオススメのスポーツを5つ紹介します。

■ボルダリング

ボルダリングは、近年流行中の新感覚スポーツの一つ。ロッククライミングのあり方の一つで、「大きな岩」を意味するboulderという単語が語源となっています。

ロッククライミングと聞くと、なんだか大変そうなイメージを抱きがちですが、近年主流となっているのは、屋内に設置された人工の壁を登るタイプ。さまざまな色・形の「ホールド」を上手に使いながら、壁の上を目指していきます。

室内で楽しむボルダリングが仕事帰りに向いているのには、以下のような理由があります。

・必要なアイテムが少なくて、仕事帰りに手ぶらで行ける
・一人でじっくりと楽しめる
・ボルダリングスポットは、日本全国に広がっている
・初心者からでもスタートしやすい
・冷暖房完備で快適に運動できる

ボルダリングを行う際には、特別なハーネスやパートナーを必要としません。自分一人でふらっと出かけて、好きなだけ楽しむことが可能です。専用のシューズや滑り止め用のチョークは、各ジムでレンタルできるケースがほとんどです。

ボルダリング人気が高まるにつれて、全国的にジムの数が増加しています。仕事帰りに通いやすいジムも見つけやすいでしょう。

ボルダリングは、決められた色のホールドのみを使って、難易度別の課題をクリアしていきます。簡単な課題から徐々にレベルアップしていけるので、初心者にも挑戦しやすいスポーツとなっています。またできなかった課題ができるようになったときの達成感は格別なもの! 全身の筋肉をしっかりと使えるので、肩こり対策や腰痛予防にもオススメできる内容です。

■キックボクシング

思い切り身体を動かすことで、ストレス解消につなげたい!と思う方にオススメなのは、キックボクシングです。パンチとキックで相手を倒すハードな格闘技ですが、近年はよりソフトなスタイルで、仕事帰りの習い事としてスタートする方も増えてきています。

キックボクシングは、美容意識が高い女性たちにも人気の習い事の一つ。仕事帰りに挑戦するメリットは、以下のとおりです。

・全身の筋肉をしっかりと鍛えられる
・有酸素運動と無酸素運動の組み合わせで、効率よく運動できる
・普段使わない筋肉を鍛えられる
・パンチやキックを繰り出すことで、ストレス解消につながる

キックボクシングの魅力は、全身を使った大きな動きです。運動効果は非常に高いですし、またパンチやキックを思い切り打ち込むことで、気分がスカッとする!と語る方も少なくありません。

日々の仕事でモヤモヤとしたストレスを抱えてしまいがちなときには、ぜひ帰宅途中のキックボクシングを習慣化してみませんか?

格闘技とは言っても、習い事としてキックボクシングをスタートする場合、試合に出て相手と戦うわけではありません。実際のジムの雰囲気をリサーチするためにも、一度見学に訪れてみてはいかがでしょうか。その迫力に魅了される方も多くいます。

■トランポリン

ぽよんぽよんと飛び跳ねるだけで全身運動ができ、さらにストレス解消にもつながる!と噂なのが、トランポリンです。トランポリンと聞くと、「どうせ子どもの遊びだろう」と思う方もいるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。会社帰りのスポーツ系習い事の一つとして、人気を博しています。

仕事帰りの習い事としてトランポリンを選ぶ魅力は、以下のとおりです。

・平日の夜に楽しめるスポットも多い
・遊び感覚で運動できる
・適度なスリルを楽しめる
・基本「飛ぶだけ」なので、ソロでも挑戦しやすい

トランポリンの魅力は、跳ねているだけで全身の筋力やバランス感覚、体幹を一気に鍛えられるところ! いろいろな跳び方をマスターするためには、少し勇気も必要ですが、そこもスリリングな魅力となっています。

「ただ跳ねているだけ」と思いがちですが、実際に挑戦してみると、ごく短い時間、普通に飛んでいるだけのように見えても、運動量はかなりのものです。「仕事帰りに走ったり、厳しいトレーニングをしたりするのはちょっと……」と思う方にとっても、遊び感覚で運動習慣を取り入れられます。

最近は、大人向けのトランポリン教室を開講するところも増えてきています。基本的に自分の身一つで挑戦できるスポーツなので、仕事帰りに寄っていくのも苦になりません。

誰にも気兼ねなく運動系の習い事をしてみたい!と思う方にとって、非常に魅力的な内容だと言えます。

■フットサル

仕事帰りに楽しむ運動として、根強い人気を誇るのがフットサルです。仲間と一緒にしっかりと運動できる点が、魅力の一つだと言えるでしょう。

とはいえこの「仲間」という点が、仕事帰りに楽しむ上でネックとなってしまうことも……。自分のスケジュールだけでは仲間が集まらないことも考えられますし、他の人の都合に合わせてばかりでは、自分自身の精神的な負担が大きくなってしまうこともあるでしょう。

こんなときにオススメなのが、個人参加型フットサルです。こちらは、特定のチームに所属するのが難しい社会人向けのフットサルシステムで、当日、その場に集まった人たちの中でチームを組んで、気軽にフットサルを楽しむことができます。

仕事帰りのスポーツに「個サル」を選ぶメリットは以下のとおりです。

・平日の夜でも参加しやすい
・手軽にフットサルを楽しめる
・仕事以外の人間関係が生まれる
・一期一会の出会いが楽しめる

仕事と家を往復しているだけの毎日だと、人間関係の幅が狭まってしまう!と感じることはありませんか? 個人参加型フットサルであれば、「個人」で参加するメリットと「チーム」としてスポーツをするメリットの、両方を実感することができます。

会社員が集まるのは、基本的に平日の夜。だからこそ、時間帯や開講コースで悩むこともありません。

「でも初心者だから、参加しにくい」と思うこともあるかもしれませんが、どうか安心してください。レベル別にチームを組むところであれば、自身のレベルに合わせて楽しくプレイできます。参加者同士のコミュニケーションが負担になるようなこともないでしょう。

■仕事帰りの運動メニュー、選び方のポイントは?

仕事をしながら、無理することなく運動を習慣づけるためには、帰宅途中の時間を有効に活用するのもオススメです。仕事の帰りに運動できるスタイルを確立すれば、休みの日にわざわざ出かける必要もなくなります。心理的なハードルも低くなるのではないでしょうか。

また仕事の帰りに気持ちを切り替えてスポーツに打ち込めば、仕事のことを忘れ、気持ちを切り替える時間になります。夢中になって身体を動かすことで、仕事のストレスも忘れることができそうですね。適度な疲れで、ぐっすりと眠ることもできるでしょう。

仕事帰りに運動を取り入れるのであれば、自分にとってのハードルをできるだけ低くするのがオススメです。

・会社から自宅までの間で、無理なくアクセスできる場所を選ぶ
・できるだけ荷物を少なくする
・自分一人で、気兼ねなく参加できるスタイルを選ぶ
・やっていて「楽しい!」と思える内容を選ぶ

これらの条件をクリアできていれば、仕事帰りの運動を習慣化しやすくなるはずです。

運動メニューは、一つに固定しなくてもOKです。その日の気分に合わせて、いくつか組み合わせてみるのもオススメですよ。

新しく何かを始めるためには、勇気を出す必要がありますよね。勇気が出ないまま、ついつい後回しにしてしまうこと、きっと誰にでもあるのではないでしょうか。

しかし実際には、ラリー・エリソンの言う通り、やらないリスクの方が大きいのかもしれません。特に健康作りに関しては、数十年後の自分自身にも関わってくること! 勇気を出して、今、始めてみてはいかがでしょうか。

【幸運Start㌻】一覧記事(選択)
⭐名言集(35)
人気の偉人名言集
⭐方法(20)
⭐情報(45)

 

健康増強