健康を笑いで取り戻す

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」
ウィリアム・ジェームズ/アメリカの哲学者・心理学者

笑うことは心身ともに健康に保つための秘訣だと言われています。仕事と家の往復だけですと、なかなか笑う機会がない!なんて方もいるのかもしれませんが、できれば自分から、笑う機会を作っていきたいものですね。

笑いが健康にもたらす効果や、毎日を笑いで満たすためのコツを紹介します。笑顔であふれた素敵な毎日を目指してみませんか?

■笑いのパワーで免疫力を強化しよう!

笑いがもたらす健康効果が注目されるようになったのは、まだここ最近のこと。それまでもなんとなく、「お腹の底から笑うとスッキリして気持ちよくなる」なんて感じる方は多かったのですが、研究の結果、そのメカニズムが解明されつつあります。

笑いと健康という2つの要素は、一見すると到底結び付かないように思えるもの。しかしその間に「免疫機能」というキーワードをはさむことで、納得できる方も増えるのではないでしょうか。

人間の免疫機能をコントロールしているのは、間脳と呼ばれる場所です。人が笑うと、この間脳にも興奮が伝わります。すると間脳は、情報伝達物質の一種である神経ペプチドをたくさん生産し始めます。この神経ペプチドが血液やリンパ液を使って全身に巡り、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きを活性化させてくれます。

NK細胞は、人間の身体の中で、がん細胞やウイルスなどの病気のもとなどをやっつける役割を担っています。つまりNK細胞がしっかりと働ける環境というのは、病気になりにくい身体ということ。そして笑うことで、このNK細胞の働きをサポートできるのですね。

ちなみに人間の体内では、たとえ健康であっても、1日当たり3,000~5,000個ものがん細胞が発生していると言われています。これだけ多くのがん細胞が発生しているにも関わらず、病気を発症する人が限られているのは、NK細胞の力によるもの。笑いの力でがんを予防できるとしたら、「よし、今日から積極的に笑いを取り入れてみよう!」と思う方も多いのではないでしょうか。

■生活習慣病予防にも、笑いが役立つ!

笑いがもたらす健康効果は、それだけではありません。加齢と共に気になり始める、生活習慣病予防策としても効果を発揮してくれます。笑うことが、生活習慣病予防につながる理由を2つ解説します。

★自律神経を整えて、血圧を低下させる

ストレスフルな現代において、自律神経系のトラブルを抱える方は少なくありません。人間が興奮状態に陥っているときは、交感神経が優位な状態にあります。自宅でリラックスしているときには、副交感神経が優位になる状態が理想なのですが、交感神経の方が優位なまま、長い時間を過ごしてしまう方も少なくありません。

交感神経が優位なときには、血圧や脈拍が上がってしまいます。副交感神経が優位になるタイミングが少ないと、血圧が高い状態が長く継続していってしまうのです。

ここで取り入れたいのが、笑いの効果です。人が笑うと、その瞬間は交感神経が優位になるのですが、その後副交感神経が働き、心と身体がリラックスモードに切り替わることがわかっています。その結果、当然血圧も低くなるでしょう。

普段から血圧の高さで悩んでいる方は、まず日常生活の中に笑いのパワーを取り入れてみるのがオススメです。

★血糖値を下げ、糖尿病を予防・改善する

もう一つ、笑いがもたらしてくれる健康効果といえば、血糖値を下げるというものです。人が笑うとインスリンを分泌する遺伝子の作用によって、血糖値の上昇が抑えられることがわかっています。いわゆる糖尿病予備軍と言われる方の病気予防にもつながりますし、実際に糖尿病を発症している方にとっても、症状を軽減させる効果が期待できます。

糖尿病の予防や治療には、食事を含めた生活習慣の改善が求められますが、その中の一つに、ぜひ笑いも取り入れてみてください。楽しい気持ちで、治療に取り組んでいけることでしょう。

血圧と血糖値の問題を放置すると、重大な病気の原因になり得ることがわかっています。日ごろから積極的に笑う機会を増やし、健康的な生活を心掛けてみてはいかがでしょうか。

■笑う機会が少ないなら、積極的に作りましょう

笑いがもたらす健康効果はわかったけれど……具体的にどう笑えば良いの?と悩む方もいるのではないでしょうか。仕事が忙しく、また一人暮らしをしていると、「声を出して思い切り笑う」という機会は限られてしまいます。自分自身の工夫で、生活の中に笑いを取り入れていく必要があります。

日々忙しく過ごしている社会人にとっても、取り入れやすい笑いの方法を紹介します。

★お笑いのDVDやテレビ番組、動画を見る

日常生活に笑いを取り入れる方法として、もっとも手軽なのが、お茶の間に笑いを届けてくれる各種コンテンツを活用するということです。

テレビでやっているお笑い番組を楽しんでみるのも良いですし、好きなものが見つからないときには、動画配信サービスなどにも目を向けてみてください。昔楽しく見ていたバラエティ番組なども、意外と多く配信されています。

お笑い番組を心から楽しむためには、まず自分の心がリラックスしていることが大切です。お風呂の中にスマホやタブレットを持ち込んでみるのも良いですし、一日の終わりの時間を笑いのために使ってみるのもオススメです。誰にも気兼ねすることなく、思う存分笑ってみてくださいね。

★抜群の観察力で、笑いのポイントを探してみる

お笑い芸人さんたちのトークを聞いていると、「日常の何気ない風景について話しているだけなのに、なぜかどうしようもなく面白い!」と感じることはありませんか? 風景そのものはごくありふれたものであっても、見る側の気持ち一つ、考え方一つで世の中はもっと面白いものになるのでしょう。

最近笑っていないな……と感じたときには、まず周囲の風景の中のツッコミどころを探してみてください。「どうしてこうなるの?」なんてポイントを発見することができれば、きっと自然な笑いが見つかるでしょう。見つけた笑いは、身近な人と共有してみるのもオススメですよ。

★想像力を発揮してみる

日常生活の中で笑いを生み出すコツは、想像力にあります。私たちの目に映っているのは、表面的な問題ばかり。実はその裏に、どうしようもなく面白い事情が隠されているのかもしれません。

通勤途中に「靴」が落ちていたら、ぜひその裏にあるストーリーを想像してみてください。

・どうして靴を落とすことになったのか
・靴を落としたのに気づかなかったのか
・靴がなくなって今頃どうしているのだろう……

想像力から生まれるストーリーは、幾通りにもなるはずです。想像の中では、私たちは自由です。ぜひとびきりの面白いストーリーを作り上げてみてください。

★まず、形だけでも笑ってみる

どの方法にもピンとこない……という場合には、まず形だけでも笑うところからスタートしてみてはいかがでしょうか。実は自然に発生した笑いでも、作り笑いであっても、その効果に違いはないと言われています。

つまり無理矢理作った笑いであっても、健康効果を得ることはできるというわけです。

ウィリアム・ジェームズが言ったとおり、人間は楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのでしょう。まず、表情を変えてみることで、気持ちも明るくなりますし、笑いそのものへの感受性も豊かになります。

最初は作り笑いでも、徐々に自然に笑う機会が増えていることに気付けるのではないでしょうか。

人間は大人になると、子どもの頃よりも笑う機会が少なくなると言われています。どこか冷めた目線で、世の中を見てしまうのかもしれませんね。笑うことで得られるメリットは、非常に大きなもの。ぜひウィリアム・ジェームズの言葉を胸に、笑う機会を増やしてみてください。心身共に健康的な毎日を過ごしていけることでしょう。笑いを通じて、周囲の人々とのコミュニケーションももっと円滑になりそうですね。