転職30代

30代の転職に資格は必要か

資格を持っていることは、企業側の判断材料としてプラスにはなります。

たとえば英語力を必要とされる職場に応募する時に、「英語は日常会話程度ならできます」と言われるよりも、「TOEIC700点です」と伝えた方が選考側は判断がしやすくなります。

同じ能力や経験を持った人を比べるときには、実際の業務に役立つ資格を持っている方がアドバンテージを得ることがあるかもしれません。

しかし実際に30代の転職で採用率を上げてくれるのは、資格より実務経験とその内容です。今まで何をしてきたのか、それを踏まえて入社したら何ができるのか、といったことの方がより大切になってきます。

自己分析を徹底的に行うこと

30代の転職において重要なのが、自己分析を徹底的に行うということです。まず自分がこの転職で実現したい目標(例:年収アップ)を明確にしていきます。

ノートやパソコンを使い、箇条書きでもよいので書き出していきます。最も重要なことを1つに絞り、複数ある場合には必ず優先順位をつけます。

次に、その目標を実現するには今回の転職でどの要素(例:給与・賞与)を一番重要視すべきなのかを書いていきます。

自己分析では、自分が転職で一番実現したいことを通じて将来どうなりたいのかを言語化していきます。

そうすることによって、ビジョンが明確になり転職活動で迷いを生じなくなり、転職のミスマッチを防ぐことができ、効率的に転職を進めていくことができます。

また、事前に自己分析を徹底的に行うことは、志望動機や将来どのように働きたいかを具体的に説明できるようになるため、自然と面接対策にもなっていきます。

30代の転職でみんながやっていること

30代での転職に成功するためには、何に注意してどのようなことをするべきなのでしょうか。ここでは、30代転職成功者が実際にやったことを具体的な理由も含め、説明していきます。

実績づくり

30代の転職において求められるのは、実務経験があり即戦力になる人材です。職務経歴書や面接でアピールするべき一番大切なポイントとなるその部分が何もないと、採用の可能性は低くなってしまいます。

今いる企業の中で取り組んでいるプロジェクトがある場合には最大限の努力をして結果を出し、それを実績の1つとして転職先の企業へアピールしましょう。

また、今まで業務で出してきた成果を棚卸し、具体的な数字や数値データをもとにまとめておきましょう。

転職エージェントへの登録

30代の転職では転職エージェントを使うのも成功率をあげる1つの方法です。転職エージェントは企業と転職希望者をマッチングするだけでなく、カウンセリングや個別の面談を通してコーチングを行ったり、転職希望者の細かな要望にも対応することが可能です。

初めての転職で分からないことがある場合でも、転職のプロが疑問点をクリアにしてくれます。また、自分の要望に合った企業をオファーしてくれますので、応募する企業を1から探す手間を省けます。

今の企業に在籍しながら転職活動をする人は特に、限られた時間の中での転職活動になりますので転職エージェントの活用は大きなメリットとなるでしょう。

転職先が決まるまでは退職しない

30代の転職は20代に比べて難易度があがります。募集の数が少なくなるにもかかわらず、求められるものは多くなります。よって成功する人と失敗する人の差が大きくなりがちなのもこの年代での転職の特徴です。面接では、履歴書の空白期間や離職期間がある場合には必ず質問が入ります。

今の企業を辞めてから転職活動を始めたが、苦戦してしまい離職期間が長くなってしまっている場合など、面接官の心象はあまり良いものにはならないでしょう。

そんなリスクを避けるためにも、現職に在籍中に転職活動をし、内定が決まってから退職するとよいでしょう。

企業が30代の転職者に求めるスキルと人間力

企業は選考の際に、もし同じ能力の人間が2人いたとしたら使いやすい若手を選びます。30代の転職で成功するには、企業が30代の転職者に何を求めているのかを理解する必要があります。

30代の転職者に必要となるのは、経験値にもとづいた「マネジメント能力」と、「実績」・「スキル」・「専門性」です。それらがあればあるだけ、転職後に即戦力として業務に貢献できると判断されるのです。

マネジメント経験

30代の転職であると望ましいといわれる「マネジメント経験」とは、企業や所属部署内、または複数の部署・グループにおいて何らかのプロジェクトをまとめて進めた経験のことを指します。

ポジション名的には部長や課長などの管理職・主任・チーフ・グループリーダーなどです。後輩や部下の管理業務に携わった経験があれば、役職についていなくてもマネジメント経験ありといえます。

マネジメント経験がある人は、職務経歴書に具体的に自分がどのような立ち位置でどのようなプロジェクトを担当し、成果はどうだったかなどを記載しアピールしましょう。

実績・スキル・専門性

マネジメント経験の他に30代の転職者に求められるものは、実績・スキル・専門性です。「実績」とは今までの業務上の成果です。それらが豊富で充実していればいるほど、転職後に即戦力として働けるイメージを企業側に持ってもらえます。

また、転職先の業務に関連した資格などの「スキル」を持っていることは強みになりますが、「スキル」といっても広い意味で「適応能力がありそうだな」、とか「リーダーシップを発揮しながら仕事をしてくれそうだ」といった30代の転職で期待される内容のものもあります。

「専門性」とは、別の言い方をすると「一貫性」となり、色々な業務を広く浅くやってきた人よりも1つの分野で専門性を高めた人の方が採用されやすい傾向があります。

転職では年齢が上がれば上がるほど即戦力を期待されるようになりますが、その人の専門性が高いほど即戦力があると判断されるのです。これらの点は30代転職者の必須アピールポイントになりますので、必ず書面や面接で伝えるようにしましょう。

上記2点に当てはまらなければ転職は慎重に

「マネジメント経験」や「実績」・「スキル」・「専門性」の点で当てはまらない場合には、残念ながら企業側との要望がミスマッチになる可能性が高いということです。

今すぐ転職しても自分の望む結果を得られる可能性は少ないため、転職自体を一度考え直す必要があるかもしれません。それでもどうしても転職を希望するのであれば、転職活動は慎重に行う必要があり、時間も多めに見積もっておくとよいでしょう。

30代で未経験職種へ転職するのはかなり厳しい

30代で転職を経験した人の多くが、「30代で未経験職種へ転職するのはかなり厳しい」という感想を持っています。そもそも 未経験の30代向けの求人数はとても少ないのが現状です。

それは、多くの企業が30代の転職者に求めているものが経験や専門性にもとづいた即戦力であるからです。未経験の職種は若手に任される場合が多いので30代にはまわってきません。

30代の転職では、希望の職種に転職をしようとしたけれど経験がないため面接で落とされたり、受かったとしても経験不足から希望の職種につけないことが多々あるのです。

これまでの経験が活かせるか

30代で未経験職種への転職となると、それまで培ってきた経験を活かせる職場は極めて少ないでしょう。それでも未経験職を目指したいという場合には、事前にその業種で活用できる資格を取っておくことや、資格取得に向けた努力をしているアピールをすると良いでしょう。

いくら未経験の業種といえど、すべて教えてもらおうといった受け身の姿勢では採用されません。今までの経験で少しでも活かせる要素があればアピールし、努力を怠らない姿勢を見せることも忘れずに。

その他、未経験応募の場合は年収を下げたり雇用形態を正社員ではなく業務委託や契約社員に変えるなど、リスクを取ることも念頭に置いておきましょう。

ベンチャー企業にチャンス

ベンチャー企業では30代の採用ニーズが高いことと、未経験な職種に挑戦できるという特徴があります。20代の若手や学生のインターンが多くいるベンチャー企業では、30代の経験のある人物に彼らのリーダーとなってもらいたいという要望があります。

また、成長途中のベンチャー企業では、一人の社員が多数の業務を兼ねていたり、担当する業務内容が随時変化することも普通です。

1つの業務をずっと続けていくということがないため、未経験の仕事にでも積極的にチャレンジできる社風があるのです。このような理由から、30代で未経験職種に挑戦するためにベンチャー企業を選ぶのも選択肢の1つといえるでしょう。