転職活動の進め方

転職活動の平均的なスケジュール

転職活動を成功させるためには、全体の流れやスケジュールをしっかりと確認しておくことが不可欠です。そうすることで余裕を持って準備にとりかかることができます。

転職活動にかかる期間は平均で2~3ヵ月と言われています。ダラダラと転職活動を続けるのはなかなかしんどいので、この2~3ヵ月で集中的に動けるように心がけましょう。

事前準備(1週間)

まず1週間ほどかけて事前準備を行います。特に未経験の仕事に挑戦する場合や、異業種への転職を検討している場合は、具体的な求人を探す前に、新たに挑戦する仕事や業種の情報収集や、転職の目的をはっきりさせておきましょう。

ここでしっかり準備をしておくことで、転職活動の長期化を防ぎ、希望する求人に対するアンテナを張ることができるようになるのです。自己分析もこのタイミングで行っておきましょう。

自分の強みや弱み、どんな仕事に向いているかが自分でしっかり把握できていれば、面接での問いかけにも自信を持って答えられるようになります。

また、自己分析を通じて本当にやりたいことが見つかるかもしれません。自己分析は簡単なように見えて難しいので、情報サイトのWeb診断なども利用しながら進めていきましょう。

情報収集(1週間)

情報収集は、転職活動において非常に重要なステップの1つです。その業界の特徴や将来性、そして具体的に働きたいと思った企業の特色などをじっくりと比較検討していきましょう。

ここで手に入れた情報は、面接での志望動機としても活用することができます。

また、情報収集には自分のキャリアの可能性を広げるためにもなります。

働きたい業界や業種を絞ることは大切ですが、漠然としたイメージだけで絞ってしまうと、自分に合った求人を見逃すことにも繋がってしまいます。そのため、情報収集は的を絞り過ぎず、まだ見ぬチャンスを探すためと考えて広く行うようにしましょう。

書類作成・応募(2週間)

転職活動では、履歴書と職務経歴書を作成して応募することになります。少しでも採用担当の目に留まるように、書き方を押さえて作成していきましょう。

履歴書はいきなり書くと余白が目立ったり誤字をしたときに困るので、下書きをしっかりしてから丁寧に書くようにしましょう。スペースは限られているものの、アピールすべきポイントはしっかりとアピールして、自分を雇うメリットを担当者に伝えていきましょう。

転職活動の場合職務履歴書も必要になります。読みやすさを心がけ、自分の経験を伝えていきましょう。こうした書類は、仕上がりによって面接での印象や書類選考の通過率が変わることも多いです。甘く見ず、丁寧に作成するようにしましょう。

面接(1カ月)

転職活動のメインは、面接と言っても過言ではないでしょう。面接を乗り切るために必要なのは徹底した事前準備です。そのため、期間もゆとりを持って設定しておきましょう。

転職のための面接で聞かれることは「転職理由」「志望動機」「仕事に活かせる経験やスキル」などが定番です。こうした質問にはしっかり答えられるように、予め回答の準備をしておきましょう。ただし、答える内容を考えるだけでは不十分です。

実際に口に出して伝えることができるように練習しておきましょう。友人知人に聞いてもらうのもいいですし、スマホを使って録画するのもおすすめの方法です。この他、身だしなみや立ち振る舞いといった基本的な面接マナーについても頭に入れておきましょう。

内定・退職・引き継ぎ(1カ月)

内定が出ても、そこで転職活動が終わる訳ではありません。入社の意思を伝えたら、現職の退職手続きと引き継ぎを行わなければなりません。

特に退職手続きはしっかり行わなければいけません。引き継ぎが上手くいかないと現職企業との交渉が上手くいかなかったり、人間関係にトラブルを抱えることになってしまいます。マナーを守りつつ、適切に手続きをすすめていきましょう。

転職とキャリアについて考える

転職を成功させるためには、漠然と転職活動を進めるのは危険です。

ではしっかりとした意識を持って転職活動をするにはどうすればいいのでしょうか。それはキャリアや転職に対する自分の考えをまとめ、自分の軸をしっかりと持っておくことです。

そのために考えておくべきこと、準備しておくべきことを確認しておきましょう。

キャリアの棚卸し・自己分析をする

まずこれまでの自分の経験を洗い出しながら、自分は仕事をする上で最も大切にしたいこと、自分に向いていることや向いていないこと、自分の市場価値などを考えてみましょう。

ここで考えたことが、転職活動進める上での基盤となります。仕事にやりがいを求める人もいれば、何を置いても収入がモチベーションになるという人もいます。

こうした自己分析は、頭の中を整理することにも役立つので、実際に紙に書き出したり、パソコンで整理したりしながら進めていくようにしましょう。

転職の目的を考える

次に、何のために転職するのか、どのような形で働きたいのかを考えてみましょう。「今の給料が安すぎるので転職したい」という思いがきっかけだったとしても、本当の思いは「もっとお金が欲しい」ではなく「自分の成果をしっかり評価してくれる会社で働きたい」かもしれません。

転職の目的がはっきりと分かれば応募すべき企業もおのずと絞れてくるはずです。

転職活動のスケジュールを立てる

転職活動には3ヵ月ほどかかると目途を立て、大まかにスケジュールを立てておきましょう。ただ、面接や退職交渉は自分ではどうすることもできないので、その点には注意が必要です。

面接が複数回行われる場合はそれに合わせて調整が必要になるため、余裕を持ってスケジュールを組んでおきましょう。退職交渉は社内規定や業務状況によっても左右されます。

後任者が決まらず引き継ぎがスムーズに行えない場合は、上司に一旦業務を引き継ぐなどの対策を取らなければなりません。いずれの場合も、転職先の入社日を変更せざるを得なくなった、という事態は避けるようにしましょう。

第三者・転職者の声を聞く

やはり一人で頑張っているとどうしても煮詰まってしまいがちです。本当に転職して大丈夫なのか、やはり今の職場に居続けるべきなのではないかなど、転職活動そのものに対して不安になることもあるでしょう。

そんなときは、知人や友人に相談して客観的な意見をもらうのがおすすめです。特に身近に転職した経験がある人がいるなら、積極的に話を聞きに行きましょう。

必要な資金計画を立てておく

転職活動にはお金がかかることがあるため、そのための資金計画もしっかり立てておきましょう。特に現職を辞めてから転職活動をする場合は、当面の生活費に関しても見通しを立てておくことが大切です。

転職活動経験者の声

転職活動ではいろいろな悩みが発生します。よく聞かれる悩みを知っておき、乗り越えるための参考にしましょう。

不採用通知に落ち込み、メンタルの安定が保てない

やはり多いのが「なかなか採用してもらえず、精神的に辛かった」というものです。

不採用の通知はどうしても自分を否定されているように感じて落ち込んでしまうもの。不採用通知は「ミスマッチを防げた」と考えて、気持ちを切り替えていきましょう。

ストレス解消などを積極的に取り入れるのも、気分転換になっておすすめです。

情報収集や書類作成に十分な時間がとれない

仕事を続けながら転職活動をする場合、時間に追われることが珍しくありません。

書類が準備できないまま、応募期間を過ぎてしまった、というのもよくある話。通勤時間や休憩時間など、隙間時間を上手く活用して効率的に準備を進めていきましょう。

現職の仕事をうまく調整できず、面接の日程が決まらない

現職の就業時間中に面接が設定されると、仕事の調整を上手くしなければ面接自体受けられなくなってしまいます。度重なる面接日変更は印象を悪くしてしまうので、上手く根回しをして日程や時間を調整しましょう。

思わぬ出費がかさみ、お金がない

退職後に活動する場合はもちろんのこと、在職中であっても交通費や写真撮影費といった費用が必要になるのが転職活動。まとまった金額を事前に用意しておき、資金計画を慎重に練っておきましょう。

周囲にバレずに転職活動するのに一苦労

周囲に伏せて転職活動を行う場合、内緒にするのが大変だったというのもよく聞く悩みです。応募先企業が相談に乗ってくれる場合もあるので、思い切って相談してみるのもいいでしょう。

【幸運Start㌻】一覧記事(選択)
⭐名言集(35)
人気の偉人名言集
⭐方法(20)
⭐情報(45)

 

健康増強