転職エージェント

企業が未経験者を募集している理由

転職というと、経験を生かして同じ業種で転職先を探すのが一般的ですが、近年は未経験でも可として人員を募集する企業も増えています。では、企業が未経験者を募集する理由とは一体何なのでしょうか。

慢性的な人手不足

少子化にともない慢性的な人手不足が進んでおり、経験者のみに限定して募集を行うと十分に人材が集まらない可能性があります。そのため、未経験者にまで募集範囲を広げることで、人材を確保しようという企業のリクルート戦術でもあります。

多種多様な業界のスキルを欲している

ダイバーシティが唱えられる昨今、企業は多様性を求めています。

他業種であっても、スキルや経験を培った人材なら、異なる視点からビジネスを見たり、アプローチをしたりして、業績を上げてくれる可能性もあります。他業種のスキルを使い革新してほしいという期待を込め、未経験の採用をすることもあります。

1から教育できる人材が良い

下手にスキルや経験があったり、前の職場のクセがついていたりするより、まっさらの人材の方が企業の理念や方針に沿って育成しやすいと好まれる傾向があります。

特に、研修制度が確立している企業では、企業のカラーに合わせた人材に育成しやすくなるため未経験での採用も多くなります。

転職先のおすすめ業界を選ぶポイント

転職先を選ぶには、いくつかのポイントがあります。では、おすすめ業界を選ぶには、どのようなポイントに注目すべきなのでしょう。

規模が大きく、拡大中の業界

ベンチャー企業は経験を積むうえでは非常に刺激的な労働環境であるものの、安定性や待遇面などを考慮すると、規模の大きい企業の方がおすすめです。

中途採用の教育や制度が整っている企業は、労働環境も良好です。また、拡大中の業界は成長の機会も数多く、長期的に成長を見てくれるのがメリットとなります。

労働環境がホワイトな業界

転職の理由においては、仕事が辛かったり、激務であったりすることが多いため、転職先にブラックな業界を選んでは本末転倒です。

転職先の業界は、労働環境がホワイトで働きやすいことをポイントに選ぶことも大事です。また、業界がホワイトであっても、それぞれの企業によってブラックよりなのかホワイトよりなのか違ってきます。しっかり見極めましょう。

離職率 低い 業界

特に初めての転職においては、その業界がブラックであるのかホワイトであるのか判断が難しいものです。実際に働いてみるまで、働きやすさを判断することはできないでしょう。

客観的に判断する方法としては、離職率を参考にするのがおすすめです。大企業などは四季報に離職率が掲載されているため、仕事を続けやすいか否かを判断する材料となります。

未経験を広く受け入れる業界

20代の転職にとって、未経験を広く受け入れてくれる業界は新しいスキルを身につけられるチャンスの場です。

有効求人倍率の高い業界は、求人の数が多く門戸が広く開かれています。採用率を上げたい場合は、有効求人倍率の高い業界を選ぶのがおすすめです。

長い歴史を持っている業界

近年は新しいビジネスが台頭してきており、新たな企業がどんどん誕生しています。しかし、歴史の浅い業界は業績も安定しておらず、制度も整っていないため中途入社で研修が受けられるところも少なくなります。

そのため、未経験でも対応できるよう業務がマニュアル化されていたり、業績や制度が整っていたりする長い歴史を持つ業界を選ぶのが賢明です。

転職先でおすすめの業界

では、具体的に転職におすすめの業界とはどのようなものがあるのでしょう。おすすめの理由や特徴を解説します。

IT 業界

IT業界はインターネットの普及により拡大を続けている業界で、慢性的な人手不足です。未経験であっても採用される確率が高く、将来的に活躍できる人材に育つという可能性に期待してポテンシャル採用がおこなわれています。

やる気や努力を見せれば採用されやすく、まだまだ成長過程の将来性のある業界でおすすめです。

建築 業界

職人が高齢化しており、建築業界は次の世代を育成することを使命として人材確保に力を入れています。人材不足に悩まされている業界でもあり、有効求人倍率も高く採用されやすい業界といえるでしょう。

製造 業界

製造業は工場でのライン業務が主体となるため、特別なスキルは必要ありません。そのため未経験でも採用されやすく、転職しやすい業界といえます。

残業も少なく、輸送用機器・繊維などの工場は大手企業も多く給与や待遇も優良です。オンとオフの切り替えがしやすい業種です。

運輸業

買い物は店舗で買うよりも通販で買う人が増加しているため、運輸業も人材不足で悩まされているものの一つです。

商品を運搬するというシンプルな業務内容であるため、運転免許証さえあれば未経験でも採用されやすいのが特徴です。

専門商社

専門商社は業務の範囲が専門的であり、レアな知識を身につけられるほか、研修制度が整っているところも多くなります。

未経験でも、社会人としてのマナーが備わっていれば、採用される可能性も高くなります。研修や指導を受け、しっかりと知識を吸収すれば十分に活躍することができるでしょう。

接客業

接客業も人手不足が深刻な業界の一つで、常に多くの求人が出されています。

マニュアルも確立しているため、ある程度のコミュニケーション能力があれば研修を受けた後は誰でもスムーズに接客できるようになるでしょう。また、販売などのアルバイト経験があれば有利です。

巨大 産業 メーカー

IT機能搭載の車やハイテクな重機などの需要が高まるにつれ、車産業などの求人も増加の傾向があります。

自動車関連の経験はもちろんのこと、IT企業での就業経験があったり、理系の大学を卒業しているなどはアドバンテージとなります。未経験でも挑戦してみる価値はあります。

【幸運Start㌻】一覧記事(選択)
⭐名言集(35)
人気の偉人名言集
⭐方法(20)
⭐情報(45)

 

健康増強