外資系企業でなくても英語力が求められる時代

英語力を活かして仕事がしたい、と外資系への転職を希望する人は多いですが、選択肢を狭めてしまうのは早計です。英語と言えば外資系、というのはもはや昔の話。現代は、外資系企業でなくとも英語力が求められている時代なのです。

分かりやすい例で言えばホテル業や空港スタッフでしょう。訪日外国人の数が増えているため、ますます英語力の高い人材が求められています。また、社内公用語を英語にしているという企業も増えてきていますし、海外進出を行っている企業であれば、秘書などのサポートポジションでも英語力が必要になります。

逆に外資系企業であっても、日本人が多い職場なのでほとんど英語は使わないという部署も当然存在します。単に英語を活かしたいから外資系、と考えず、広い視野を持って働き先を探す必要があるでしょう。

レベル別英語力を生かせる転職先

転職先によって、どの程度の英語レベルが求められるかは当然変わってきます。高い英語力を必要とする職場もあれば、英語はそれほど必要ないとする職場もあるので、自分の英語レベルをしっかりと見極めて転職先を探すようにしましょう。

採用基準として具体的なTOEICスコアなどを求めてくるところもあるので、よく確認しておきましょう。また、注意しておくべき点として、英語はコミュニケーションツールであることを忘れないようにしましょう。

「話のうまい人、下手な人」が存在するように、単に英語が話せても中身が伴わなければビジネスの場では不十分です。人としっかりコミュニケーションが取れること、ビジネスに必要な論理的思考を持っていることなど、実務能力も求められることを頭に入れておきましょう。

ネイティブレベル

ネイティブレベルの英語力が求められる職種として、よく挙げられるのが翻訳や通訳です。「TOEICや英検でスキルを測っているようでは一人前の通訳者にはなれない」と言われることがあるほど、高い英語スキルを求められます。

また、通訳や翻訳は英語がネイティブレベルだというだけでは不十分で、日本語に関しても高度なスキルが求められます。全く異なる2つの言語を扱うためには、双方に関する高い知識とそれを扱うだけのスキルが求められるのです。

また、分野に応じた専門知識も欠かせません。医療であれば医療の、金融であれば金融の知識やそれにまつわる専門用語などを、貪欲に習得していくことも求められるでしょう。

外資系企業の多くは、ネイティブレベルの英語力を志望者に求めます。英語を日常的に使っていない部署であっても、日常会話レベルの英語力は必要という場合が一般的です。

具体的に必要なレベルは仕事内容によって異なってきます。メールや電話といった日常業務のみを英語で行う場合は、TOEIC700点以上が目安になります。しかし会議でのディスカッションやレポート提出、外部企業との打ち合わせにも英語が必要となってくると、TOEIC800点以上のスキルが必要になってきます。

ビジネス会話レベル

「ビジネス会話レベル」というのはよく使われる表現ですが、具体的にどの程度のレベルを指すのか、明確な定義はありません。

単にTOEICのスコアが高いというだけでは不十分で、TPOに合わせた単語や表現の選択を行う必要があるでしょう。

英語を使って仕事をした経験があるなら、その実務経験が「ビジネス英語ができる」ことのアピールになるかもしれません。企業がどの程度のレベルの英語力を求めているのか確認しておくと、転職に役立つでしょう。

商社は、海外企業との取引、海外への商品買い付けといった場面で英語を必要とします。社外の人間とやり取りすることになるため、高いコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

海外に一人で買い付けに行ける英語レベルの目安は、TOEIC750点程度と言われています。

航空会社やホテルは元々英語力を活かして働ける職場として人気がありましたが、訪日外国人観光客の増加に伴って、英語が使える人材を求める傾向が強くなっています。

航空業界は公用語が英語のため、機長や空港管制官は国内であっても英語で交信しますし、客室乗務員やグランドスタッフも国際線、国内線を問わず案内のための英語が必須となります。

客と接する機会の多い業務では、英語力はもちろん業務を支える「おもてなしの心」が欠かせません。

日常会話レベル

SNSの発達に伴って、広告やメディア企業でも英語が必要とされるシーンが増えてきています。英語が使えれば海外に向けた情報発信が容易になるため、それだけビジネスチャンスが巡って来るからです。

また、海外メディアとの提携など、外国人スタッフとのやり取りで英語を使う機会も増加傾向にあります。メーカーも同様で、海外に拠点を置く企業が増え、国内外問わず英語が求められる機会が増えてきています。

海外営業や交渉、現地スタッフの管理といった場面でも英語とそれを使ったコミュニケーション能力は必須です。

金融業界もグローバル化が進んでおり、英語を使用するシーンが増えてきました。金融業界はお金を扱うだけにミスを誘発する曖昧な表現は厳禁であり、かなり正確な英語表現が求められます。

海外の取引先とのやり取り、海外審査といった場面では特に高度な英語力が必要になり、かつ金融や経済に関するしっかりとした知識が仕事を下支えすることになるでしょう。

外資系転職で必要な英語レベル

外資系企業では、当然国内企業よりも高い英語力が求められます。しかし外資系企業にもいろいろな種類があり、国内拠点で社員はほとんど日本人という場合だと、普段はほとんど英語を使わないというケースも多いです。

「外資系に転職したいけれど、英語がしゃべれないから無理」と早々に諦めてしまうのではなく、仕事内容や所属する部署をよく調べてみましょう。

ただし外資系企業の場合、本社や他の国の拠点で働いているのは当然外国人ですから、そうした人たちとのやり取りは当然英語で行います。英語に全く触れる機会がない、ということはないので、意思疎通はできるようにしておいた方がいいでしょう。

外資系企業に転職するための英語力の目安とは

外資系企業で働く場合、メールや電話のやり取りならTOEIC700点程度、ディスカッションやレポート提出、打ち合わせが必要な場合は800点程度の英語力が必要だと言われています。

ただしこれはあくまで目安であることを頭に入れておきましょう。TOEICテストは英語力を測る指標であって、コミュニケーション能力を測る指標ではないからです。

TOEICで高い点が取れず流暢に英語が話せない、という人でもコミュニケーション能力が高ければ、自分が言いたいことを相手に伝えてスムーズに仕事ができるケースが少なくないのです。逆に英語力は高くても、言いたいことが伝えられず苦労しているという人も多いのです。

外資系企業へ転職後に英語のスキルアップは必要

入社した段階では英語がそれほど話せなくても、そこからスキルアップしていくことはできます。また、それが必要になるとも言えます。

職位が上れば本社や外部の人達とやり取りをすることが増えるので、当然求められる英語スキルは高くなります。逆に言えば、英語力を磨かないまま放っておくと、仕事の幅はいつまで経っても広がらずビジネスパーソンとして成長することができません。

そのため、外資系企業でキャリアアップを目指すのであれば、転職後も積極的に英語スキルを磨いていくことが必要不可欠なのです。

もちろん、ここでいう英語のスキルアップとは、TOEIC試験対策に熱心になることではありません。英語でのコミュニケーション能力を磨き、確実に自分の言いたいことを相手に伝えられるようになることです。

転職後、実際に英語を使うのはメール・資料作成・電話会議

外資系企業に転職した場合、実際に英語を使うのはメールや資料作成という場合が多いです。

そのため、英会話だけではなくビジネス文章を英語で書けるようにしておきましょう。また電話でのコミュニケーションも多いので、対面との違いに注意しながら電話対応のスキルも磨いておくといいでしょう。