転職手順

転職したいと思った「理由・きっかけ」

転職したいと希望するということは、それだけの理由やきっかけがあります。転職を決意した理由としては、職場の人間関係や給与・仕事への不満が多いです。

人間関係の問題(いじめ・パワハラなど)

転職のきっかけで多いのが人間関係です。いじめやパワハラなどの問題から、どうしてもうまく付き合うことができない苦手な人がいるなど人間関係の問題は様々なケースがあります。

人間関係による問題は改善が難しく、ストレスを感じることも多いのが特徴です。そのため、ストレスを感じる職場から思い切って離れたいと考えるケースがよく見られます。

給与に不満

業務内容と給与のバランスが取れていないと感じると、徐々に不満が溜まっていきます。仕事に見合うだけの給料が得られないと、自分の働きを正当に評価されていないのではないかと感じるパターンです。

また、昇給のチャンスなどがない場合にも、仕事の量だけが増えていくため仕事と報酬の割合がアンバランスになってしまいます。

残業が多い

残業が続くと、自分の時間がどんどん減っていきます。プライベートの時間が確保できないと、気分転換もできませんしリフレッシュできないまま仕事を行っても徐々に効率が落ちて悪循環です。

残業が多いと仕事ばかりしている状態になり、なんのために働いているのかわからなくなってしまいます。

ほかにやりたい仕事があった

本当にやりたい仕事とは違った仕事につくことは珍しいことではありません。就職難の現状では多かれ少なかれ妥協をして就職をしている人は多いです。

ただ納得して就職したけれど、どうしても諦められないというケースはあります。一度就職することで新しい可能性が見えてくることもあるため、やりたい仕事をするために転職を決意する人もいます。

キャリアアップしたかった

現職では自分の経歴を伸ばすことができないと感じている場合には、キャリアアップできる職場の方が魅力的です。自分の可能性を試したいという気持ちから転職を希望する場合があり近年、特に増加している転職理由の一つになります。

転職先を決めるまでにやるべきこと

実際に転職をするためには、転職先を決定しなくてはいけません。その場合、事前に転職サービスに登録したり、転職条件を明確にしたりといったことが必要です。

転職サービスに登録する

まずは転職サービスに登録をしましょう。転職サービスサイトへの登録は基本的に無料ですし、最低限の注意を行っていれば今の職場に転職がバレることもありません。

また、サービスを利用したからといって絶対に転職しないといけないということもないので安心して登録しましょう。

転職エージェントと転職条件を確認する

転職エージェントは、転職先とのマッチングをサポートしたり、アドバイスをしてくれたりするなど転職に関わる様々な手続きを行ってくれます。

転職エージェントは最適な転職先を探してくれますので、転職条件などを確認しましょう。転職エージェントは非公開求人なども多数保有しているので転職時には活用するのがオススメです。

市場価値(キャリア・実績・スキル)を判断してもらう

転職の際には、自分の市場価値を把握しておくことも重要です。市場価値によって企業からの評価が異なりますので、自分のキャリアや実績、スキルといったものを客観的に判断してもらいましょう。

転職先を探す

転職エージェントのサポートを受けながら、実際に転職先を探します。転職エージェントを利用していれば、基本的に転職エージェントが条件に合う転職先を提案してくれるので便利です。

もし、転職エージェントの提案する転職先に納得できない場合には、再度、転職条件などを転職エージェントに相談しましょう。

面接の準備をする

転職試験を受ける転職先が決定したら、面接の準備を行います。転職の場合の面接では、転職を希望する理由を聞かれることが多いのでしっかりと答えられるようにしましょう。

転職エージェントが面接対策として質問を想定してアドバイスを行ってくれますので安心です。

履歴書・職務経歴書を作成する

履歴書や職務経歴書の作成は意外と時間がかかります。余裕を持って取り掛かるように心がけましょう。履歴書や職務経歴書は転職エージェントが添削指導を行ってくれますので、誤字脱字や書き方の間違いなどの心配がありません。

希望する企業の面接を受ける

面接には基本的な流れがありますが、想定外の質問をされても臨機応変に対応できるようにします。一般的に面接は自己紹介や自己PRを行い、転職理由を述べ、志望理由や自分の能力に関する質問を受けるという流れです。

最後に面接官が「何か質問はありますか?」と逆質問してくるケースもあります。逆質問に対して何も質問をしないのはNGですので、必ず質問を行うようにしましょう。

在職中に転職活動をしても大丈夫?

転職活動は、いつ行っても基本的には問題ありません。多くの人が在職中に転職のためのアクションを起こしています。

ただし、現職の仕事を放り出して転職活動に集中してしまったり、勤務中に転職先の面接を受けたりといったことは厳禁ですので注意しましょう。転職活動でまとまった時間が必要な時には休日や有給を利用するのが鉄則です。

転職先が決まってから退職を申し出るのが理想

転職を決意したとしても、すぐに退職を申し出るのは避けた方が無難です。

転職するという話が、あっという間に会社に広がってしまい、職場の居心地が悪くなったというケースもありますので気をつけてください。転職先が決まってから退職を申し出るのがベストです。

会社を辞めるまでにやるべきことリスト

転職先が決定したら、退職の報告をしたり手続きをしたりと様々なことをしなくてはいけません。トラブルを起こさずスムーズに退職するためにも、ポイントを押さえて行動しましょう。

上司に退職の意思を伝える

まず上司に報告を行います。円満に退職するためには、退職の報告のタイミングを間違えないことが大切です。また、勤務時間中は上司も忙しく、報告をゆっくり聞く時間がないことがありますので避けましょう。

退職はあくまで個人的な報告になるため、勤務時間外に「少しお時間をいただけませんでしょうか?」と声をかけてから報告を行います。

同僚・関係者にも辞意を伝える

上司の次には同僚や関係者にも退職することを報告します。報告するタイミングは上司に相談するのがおすすめです。仕事の状況によっては職場の士気に関わるので、退職を伝える際には配慮をしましょう。

退職日を決める

退職の際には、会社の就業規則に基づいて退職日を決定します。退職を申し出て、すぐに退職できるわけではありません。一般的には退職を申し出てから一ヶ月後に退職となるケースが多いです。

退職日までに挨拶回りなどを行う必要があるので、しっかりとスケジュールを管理しましょう。

退職届を提出する

退職届は法的に義務があるわけではありませんが、一般的に提出をする企業が多いです。なお、役員の場合には退職届ではなく、辞表になるので注意しましょう。

退職届は退職の申し出をした後に提出を求められることが多く、直属の上司に提出することになります。

仕事の引き継ぎを行う

トラブルを起こさないためにも、しっかりと仕事の引き継ぎを行いましょう。問題なく仕事を引き継ぐためには、業務内容をリストアップして引き継ぎ用の資料などを用意し、退職日までの時間などを考慮しながら行うのがおすすめです。

引き継いだ人の負担を増やさないように、なるべく丁寧に引き継ぎを行いましょう。

退職金・有給休暇残の確認

退職金は各会社で規定などがありますので、事前に確認をしましょう。また、有給休暇は労働者の権利ですので、なるべく消化するようにします。

ただ退職時の有給消化はトラブルになりかねないので注意してください。まとめて有給を取る場合には、上司に早めに相談をします。引き継ぎなどに支障が出ないようにすることが必要です。

会社から貸与された備品を返却

携帯電話やタブレットなど会社から貸与された備品があれば、きちんと返却します。万が一、紛失や破損がある場合には早めに報告することが重要です。

返却忘れなどに関しては就業規則などの取り決めがある場合も少なくないので、しっかりと返却しましょう。

必要に応じて離職票をもらう

離職票は、退職後に退職した会社から受け取ることができる書類です。雇用保険の失業給付を受ける際などに必要なため、交付して貰う必要がある人は離職票の申請を忘れないようにしましょう。

手続きが遅れることで失業保険が打ち切られることもありますので、早めの申請と提出を心がけてください。

【幸運Start㌻】一覧記事(選択)
⭐名言集(35)
人気の偉人名言集
⭐方法(20)
⭐情報(45)

 

健康増強