転職タイミング

転職に最適な時期

転職活動には、1年の中でも最適な時期があります。転職市場は時期によって、求人を出している企業の数が変わってきます。転職時期の流れを知っておくと、求人が多くなるタイミングで転職活動ができるでしょう。

転職を成功させるために、たくさんある求人の中から転職先を選べる時期に合わせ、転職活動をスタートさせましょう。

中途採用の求人が増える2・3月、8・9月

中途採用の場合、2・3月や8・9月の時期に、良い求人がたくさん公開されるといわれています。最も求人の量が増えるといわれているのは、新卒が入社する前の2・3月です。一般的に4月は新卒が入り、社内の人事異動などの人材の増減が激しくなる時期です。

新卒ばかり採用すると人材育成が必要になるため、必要なポジションには即戦力となる中途採用が好まれます。また、下期が始まる10月は、人の動きが多くなる時期です。下期に向けた人材補填のため、8・9月にも求人が増えるようです。

どうしても今すぐ転職活動をしたいという理由がないのであれば、人材の動きが活発となる4月・10月の1〜2ヶ月前から、転職活動をスタートさせましょう。

第二新卒枠である4月入社

25歳以下の人なら、第二新卒枠で4月入社を狙えます。新卒で入社した会社がどうしても合わない・違う仕事をしたいと感じた場合、第二新卒を狙って早めに転職活動をスタートすると良いでしょう。

第二新卒で4月入社をする人は、他の中途採用の人とは違い、新卒枠と同じようにしっかり研修を受けられる可能性があります。

状況別の転職のベストタイミング

転職希望者の状況によって、転職のベストタイミングが変わってきます。ここからは、状況別の転職のベストタイミングを解説します。

新卒入社してすぐに転職

一般的には、就職してから3年以内には転職を控えた方が良いといわれています。就職してからすぐ会社をやめてしまうと、我慢ができないと認識される可能性が高いからです。

しかし最近では、第二新卒枠が増えてきています。第二新卒は最低限のビジネススキルを身につけていること、経験が浅い分柔軟性があるという理由から、採用されるようです。

ブラック企業に就職してしまったなど、すぐに仕事を辞めたい理由がある場合は、我慢せずに第二新卒枠を狙ってみましょう。

他業界へのキャリア変更転職

他業界へのキャリア変更を希望している人は、できるだけ20代のうちに転職することをおすすめします。

30代からの転職の場合、圧倒的に高い専門性やこれまでのキャリアパスを求められることが多くなります。30代でもキャリア変更ができない訳ではありませんが、求人の数が少ない可能性があることを覚えておきましょう。

同業界でのキャリアアップ転職

同業界でのキャリアアップ転職では、前職までの仕事内容や経験が重要になります。

中途半端な経験のまま転職してしまうと、年収や仕事内容のレベルが下がってしまう場合があります。まずは現在の仕事でしっかり経験を積み、自分の市場価値を高めてから転職活動を行いましょう。

ある程度経験を積んでおいた方が良いので、20代より30代からの転職の方が上手くキャリアアップができるでしょう。

資格取得して転職

資格ありきで転職を考えているなら、転職活動前に資格を取得しておきましょう。

転職で重宝される資格は、取得までに時間がかかる場合があります。会社を退職してから資格を取ろうとすると、次の仕事探しまでブランクが空いてしまい転職が不利になってしまいます。

転職期間をあまり空けないようにするためにも、在職中に資格の勉強をしておきましょう。

抱えているプロジェクトが終わったら転職

抱えているプロジェクトが終わったら転職したいと考えている人もいるでしょう。プロジェクト終了までの期間がどのくらいかによって、転職活動のスタート時期は異なります。

プロジェクト終了まで半年や年単位の時間がかかるなら、転職先の企業を長期間待たせてしまいます。長い期間待っても獲得したい人材なら、早めに転職活動を行っても採用してもらえるでしょう。

しかし通常は、人材が必要なタイミングで求人を出している企業がほとんどです。転職活動は、プロジェクトが終わる1〜2ヶ月前から始めるのがベストなタイミングだといえます。

管理職昇進のタイミングに転職

管理職昇進のタイミングで転職したい人は、まず自分が管理職になりたいのか、現場でプレーヤーとして働きたいのかを考えましょう。

管理職になりたいなら、前職で管理職になってから転職することをおすすめします。しかし管理職になった場合、すぐに転職はしない方が良いでしょう。

マネジメント側として1年程度経験を積んだ方が転職に有利です。もしプレーヤーとして転職したいなら、丁重に管理職への昇進をお断りし、転職活動を始めてください。

結婚・出産を前に一生働ける会社に転職

現在、一生働ける会社はそう多くありません。結婚や出産後のライフスタイルに合わせて時短などを希望した場合、正社員ではなく派遣やアルバイト勤務に変更になる可能性があります。

結婚・出産前と同じような環境で働けないかもしれないということは覚えておきましょう。特に出産を希望する場合は、転職タイミングが重要になります。育児休暇を取得するには勤続年数などの条件があるため、転職後1年は育休を取得できない可能性があります。また、育休を取得した後は一定期間退職できないことが多いようです。

出産を考えているなら、転職して1年〜2年程度は新しい職場で働きましょう。会社にとって重要な人材だと思ってもらえる環境を整えてから、出産・育休を取るのがベストタイミングといえます。

家を購入するタイミングで転職

家を購入するタイミングで転職したい場合、在職中に家を購入しましょう。家を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組みます。住宅ローンは勤続年数も関係するため、転職後1〜2年はローンを組むのが難しくなるでしょう。

年齢別の転職のベストタイミングと必要なスキル

中途採用では年齢別に求められるスキルが変わるため、転職のベストタイミングが異なります。ここからは、年齢別の就職のベストタイミングと必要なスキルについて解説します。

社会人経験3年未満での転職

社会人経験3年未満での転職は、第二新卒と呼ばれています。他の年代の転職より、スキルは必要とされません。

しかしすぐに辞めてしまった場合、我慢できない・すぐに辞めてしまうと思われる可能性が高くなります。転職活動では、前職を辞めた理由を納得できる形で話せるようになっておきましょう。

25~29歳での転職

20代後半での転職は、最も求人が多く価値が高いとされています。基本的なビジネススキルは身についていますが、会社に染まりきっていないため柔軟性があると考えられています。

また、異業種への転職も可能です。新しい職種にチャレンジしたいなら、20代後半の転職がおすすめです。

30~34歳での転職

30~34歳での転職は、スキルを求められることが多くなります。現場のプレーヤーとして転職する場合は、高い専門性を身につけておく必要があります。

管理職としてマネジメントスキルを身につけておけば、転職しやすくなるでしょう。

35~39歳での転職

30代後半での転職は、マネジメントスキルと高い専門性が求められるケースがほとんどです。転職先の企業では、最初から管理職として採用したいと考えられている場合が多いでしょう。

管理職ではなくても、チームリーダーや後輩の育成を任されていたなど、何かしらマネジメント経験があれば、転職の良い材料となります。

40歳以降での転職

40歳以降の転職は、求人の数が少なくなってしまいます。管理職から管理職への転職が一般的なため、ヘッドハンティングやエージェント経由での転職活動となります。

40歳以降の方でも高い専門性とマネジメントスキルを持っていれば、転職はそう難しくないはずです。この年代で転職を考えるなら、前職で勤めている間に専門知識をつけマネジメントを経験しておきましょう。