転職理由の書き方

転職理由(退職理由)を面接官が聞く理由

転職のため就活をする場合、面接で転職理由(退職理由)を聞かれることがあります。なぜ面接官は転職理由を聞くのか、その理由を解説します。

モチベーションや人柄や意欲の確認

転職理由を聞く理由の1つに、その人の仕事に対する考え方や人柄をはかるということがあります。「業務量が多過ぎた」「上司と折り合いが合わなかった」「やりたい仕事と違った」など、さまざまな転職理由が考えられますが、中には自分の取り組み方次第で多かれ少なかれ状況を改善できることもあります。

自分で働きやすい環境にするにはどうすべきかと考えない人は、仕事に対するモチベーションや意欲が低いととらえられます。

また、自分以外に責任転嫁してばかりの人は、自分を顧みることがない自己中心的な人物だとも考えられます。こういったパーソナリティな部分を判断するため、転職理由を確認することがあるのです。

前職と同じ理由で退職しないか確認

面接官は転職理由を聞くことで、自分たちの企業の状況と照らし合わせ、仮に採用した場合しっかり働いてくれそうかという確認をします。

例えば、毎日同じ仕事をし続けることに疲れてしまったということが転職理由だとします。もし面接をしている企業の業務にもルーティン的なものが多ければ、面接官は採用してもいずれまた前職と同じ理由で辞めてしまうのではないかという不安を覚えるでしょう。

このように、転職理由は自社との相性を見るために重要なポイントでもあります。

転職理由(退職理由)を上手に伝えるポイント

転職理由(退職理由)をどのように伝えるかによって、面接官への印象は変わってきます。ここでは、転職理由を上手に伝えるためのポイントを解説します。

転職したい理由を洗い直し、言語化する

この職場を退職して別な場所で働きたいという転職の意志は明確でも、なぜ転職したいのかという理由は実ははっきりしないという場合もあるものです。面接の際、転職の理由をはっきり話すためには、まず転職したい理由を洗い直し、言語化することが大切です。

頭の中であれこれと考えてもまとまらないことが多いので、紙に書き出してみるのが良いでしょう。言語化すれば、それまで気が付かなかったような自分の気持ちを知ることができる可能性もあります。

転職理由をポジティブな内容に変換する

転職理由がネガティブなものだとしても、そのまま面接で話すのは良くありません。例えば「前職の仕事がつまらなかった」ということが転職理由だとします。これをそのまま面接で話すと、「仕事内容に不満を抱きやすい人物なのかもしれない」と考えられる可能性があります。

そこで、同じ転職理由でも「前職の仕事を一通りしてみて、その経験を活かしさらにさまざまな仕事をしてみたくなった」と変換すれば、印象は大分異なります。このように、転職理由の根本的な部分は変えず、できる限りポジティブな内容に変換することも大切なポイントです。

転職後に「どのようになりたいか」を考える

転職理由を考える場合は、転職後に「どのようになりたいか」もセットで考えなければなりません。転職理由と転職後のビジョンが繋がらないと、行動に説得力がなくなってしまうからです。

また、転職後にどうなりたいというイメージがしっかりしていれば、働く意欲があることやよりステップアップを目指していることを評価してもらえるでしょう。

退職理由と志望理由をつなげる

退職理由と転職後にどのようになりたいかが明確になったら、退職理由と志望理由をつなげましょう。

「もっといろいろな仕事をしたい」ことが退職理由で、転職後「多くの経験を積みたい」というビジョンがあるなら、志望理由は「これまでとは違うジャンルの職種で、前職の経験も活かしながらモチベーション高く働けると考えたため」などとすると、話がすべてつながり、説得力ももたせられます。

転職理由のNGポイント

それでは、転職理由を話す際、印象が良くないNGポイントもご紹介します。

転職理由をネガティブな視点で語ってしまう

NGポイントの1つは、転職理由をネガティブな視点で語ってしまうことです。前述したとおり、ネガティブな話は面接でマイナスな印象を与えかねません。

実際のところは、業務がつらいとか人間関係が嫌になったとか、ネガティブな気持ちで退職を決めることも少なくないでしょう。

しかし、それをそのまま面接で話しては「職場が嫌になったら逃げだす人」と思われかねません。話の視点を変えることで、プラスの印象をもたせることは大事なテクニックです。

ただし、転職理由の根本的な部分をまるきり変えてしまうと話の信ぴょう性がなくなったり、薄っぺらく聞こえたりしてしまいます。

また、何かのきっかけで転職理由が嘘だとばれたら、あなたの信用は失われてしまうでしょう。本当の転職理由で、かつ面接官にも好印象をもってもらうため、ネガティブな表現は控えることが大切です。

転職理由だけで終わってしまう

転職理由を聞かれて転職理由を答える、何の問題もないように見えますが、面接では不十分です。

面接官は単に転職理由を聞きたいだけなのではなく、転職理由を元に応募者の仕事へのモチベーションや人柄、自社との相性を判断しようと考えているのです。

転職理由だけで話を終えてしまうと「問題の解決する気のない意欲が低い人なのだろうか」と思われるかもしれません。

転職理由から、転職後にどんなことがしたいのか、それを踏まえてその会社を志望した理由などを一緒に話すことができれば、働く意欲の高さを評価してもらえるでしょう。

転職理由(退職理由)の面接での回答例

それでは、実際に面接の場でどのように話すべきか、転職理由(退職理由)の回答例を紹介します。

理想の将来像を伝える

昔からシステムエンジニアとして大きなシステムの開発に携わりたいという夢があり、前職のIT会社に入社しました。基礎的なスキルを学びながら経験を積むことができましたが、業務のメインは既存のシステムの管理であり、1からシステムを構築するような作業はありませんでした。

新しいシステムの企画などを提案してみたのですが、大規模な構築はすべて外注し、社内のエンジニアはできあがったシステムの管理だけを任される状態で、今後も会社の業務体制は変わらないと思われます

。よりシステムエンジニアとしてステップアップしたいと強く考え、退職しました。

御社では、システムの企画や構築から運営・管理まで、一貫して社内のシステムエンジニアが携わると伺ったため、自分のこれまでの経験を活かしつつ、さらに新しい経験を積みスキルをアップすることができると考えています。

退職理由がキャリアチェンジの場合

前職では営業担当として、新規顧客の開拓や既存顧客の対応などを行っていました。書類作成や売上管理などで事務職とやり取りする機会が多かったのですが、会社のさまざまな部署を後ろから支える事務職に徐々に興味を持ち始め、自分もバックオフィスの仕事がしたいと思ったことが転職のきっかけです。

御社は事務職の中で総務・経理それぞれのチームがあり、担当分野について集中的に業務を行えるところが魅力だと感じています。営業職で培ったコミュニケーションスキルなどを活かしながら、積極的に働いていきたいと考えています。

退職理由が残業・休日出勤の多さの場合

前職の会社では、残業や休日出勤が慢性化しているような状態でした。自分の担当する業務を効率化するだけでは改善が難しかったため、部署内の業務分掌の偏りや、人員不足を洗い出した上で、管理職に適正化を求めましたが、会社の慣例を変えることはできませんでした。

しかし、過度な残業や休日出勤をこのまま続けて行けば、仕事以外の時間が圧迫され、いずれできるであろう家族との時間ももてないだろうと思いました。

ワークライフバランスを意識しながら、長期的に働けるような職場環境の必要性を強く感じ、転職を決めました。御社は業務の効率化や福利厚生など、従業員が働きやすい職場環境づくりに力を注いでいると伺いました。

前職と同じく営業職を希望しておりますが、御社のような企業であれば、これまでの経験を活かしながら、全力で働くことができると感じています。

実際の転職理由(退職理由)ランキング

最後に、実際の転職理由(退職理由)のランキングをみてみましょう。

ランキング1位の理由は「給与・収入をアップさせるため」です。給与は働く人のモチベーションに直接つながるものであるため、重視している人が多いようです。


次いで2位は「労働時間を減らしワークライフバランスを意識するため」です。残業や休日出勤など、基本的な勤務時間以上に働かなければならない環境をつらいと感じる方も多いようです。
3位は「キャリアアップのため」、

4位は「スキルアップのため」です。職場に大きな不満があるわけではないものの、自分の将来や理想像を考えたとき、違う職場に移った方がプラスであると考えるのでしょう。


5位は「希望する職種で働くため」です。会社に入社しても、自分の希望通りの部署に配属になるとは限りません。自分のやりたい仕事がはっきり決まっている場合も、転職に踏み切ることが多いようです。

※出典:doda「転職に関するアンケート」(2018年12月)