転職面接

転職前の準備

転職をする際には事前に準備をすることが大切です。まずは、いつから転職活動を始め、いつまでに新しい職場に移りたいかを決め、大まかなスケジュールを立ててみましょう。

また、転職の目的を整理し、書類や面接で伝えたい自分の強みを把握することも重要です。これから、転職前の準備についてご説明します。

スケジュールと計画の立て方

転職のスケジュールや計画を立てる時には、目標とする転職活動期間を最初に決めます。一般的な転職に必要な期間は3ヶ月~6ヶ月です。ただし、転職活動の進み具合はそれぞれ異なるため、余裕を持った計画を立てましょう。

転職活動のステップは「事前準備」「情報収集」「選考から内定」「退社準備」「入社準備」の5つになります。事前準備や情報収集は1週間~1ヶ月ほどとり、しっかりと情報を集めることが大切です。焦って応募してしまうと、転職で失敗する可能性があります。

また、転職エージェントや転職サイトに登録しておくと、自分の希望にマッチングした職場を見つけやすいでしょう。

選考から内定は3ヶ月程度の期間をかけても構いません。十分に時間を取り、納得いく選考をしてもらうことが大切です。

また、企業によって書類選考から面接選考になるまでの期間も異なり、1週間で決まる企業もあれば、数ヶ月かかる企業もあります。退社準備と入社準備はそれぞれ1ヶ月程度かけることが多いです。

退社する際には、1ヶ月以上前に申告する必要があり、業務の引き継ぎも行います。また、税金関連や有給休暇など、各種手続きも必要です。入社手続きも行い、入社までに習得する知識やスキルがある場合は勉強しておきます。

転職の目的を整理する

転職する目的を明確にすることで、応募する企業の絞り込みに役立ちます。例えば、給与や役職面でのキャリアアップが目的の場合は、それを実現できそうな企業のみ応募すればいいでしょう。

勤務日数や福利厚生などが目的の場合も、求人情報の時点で絞り込めます。目的や方針がはっきりと決まれば、転職への迷いも減り、転職活動のモチベーションも上がりやすいです。

自分の強みを知る

今までのキャリアや経験を振り返ると、自分の強みがみえてきます。自分の強みを活かせる職場を見つけ、書類や面接選考の時にアピールしてみるといいでしょう。

志望動機や自己PRを考える時にも、自分の強みを知っているか否かで内容が大幅に異なります。面接で審査官に意欲などを伝えるためには、自分の強みを明確にするといいでしょう。

転職面接のポイント

転職で最も重要視されるのは面接ですが、面接の準備はどのように進めればいいのでしょうか。また、面接の準備でしておくといいことを知っていると心強いです。ここでは、転職の面接におけるポイントをご紹介します。

面接準備時間の理想は半日~1日

面接で準備をしているか否かは、話している内容や雰囲気で面接官に伝わります。よって、話したい内容や志望動機などの基本的なことは、しっかりと準備をしましょう。準備時間の理想は半日~1日で、応募する企業ごとに話す内容を十分に吟味します。

スカイプ面接・電話面接も事前準備を怠らない

スカイプ面接や電話面接を受ける時には、話す内容だけでなく、環境の整備も重要です。スカイプや電話ができる環境を整え、事前に準備をしておきます。スカイプの場合は、パソコンにスカイプアプリをダウンロードし、自分のアカウントを取得することが必要です。

アカウントを取得するだけでなく、音量や画面の確認もしておきましょう。電話面接は国際電話で行うこともあり、電話の準備と電波確認が必要になります。マイク付きイヤホンなど、話しやすい設備を整えておくことも重要です。

転職希望先についてリサーチ・面接時にする質問を考える

面接を受ける企業について理解することで、面接時に聞く質問を考えられます。転職での面接では、企業側から「質問はありませんか」と聞かれることが多いです。逆質問をする時には、調べたことを中心に、自分の考えも入れられるといいでしょう。

情報収集は企業のホームページや説明会だけでなく、SNSやプレリリース・ニュース欄も確認しておきます。また、企業の方向性を理解するためにも、提供しているサービス内容や商品名・理念・沿革などを知ることも重要です。さらに、競合との関係や今後の戦略なども考えていると、企業からいいイメージを持ってもらえます。

職務経歴書・志望動機を暗記する

職務経歴書や志望動機は内容を十分に理解し暗記していると、スムーズに答えられる可能性が高いです。話し方がたどたどしいと、面接官からのイメージは悪くなってしまいます。

また、書類に記載した内容と面接で話す内容が異なると、面接官から指摘されるかもしれません。職務経歴書や志望動機は繰り返し練習し、内容も書類と合わせるようにしましょう。

リハーサル:面接&回答を練習する

面接は友人や家族・転職エージェントなどに頼み、リハーサルをするのが望ましいです。自分では分からない話し方の癖を指摘してもらい、アドバイスも受けられます。

また、リハーサルをしておけば、人前で話すことにも慣れ、さまざまな質問にも対応できるでしょう。まずは聞かれそうな典型的な質問をしっかりと答えられる練習をします。

面接(選考)の流れ

転職選考の流れは、書類選考をしてから一次面接・二次面接・最終面接という流れになります。企業ごとに面接の回数は異なりますが、面接をしてから内定になる場合が多いです。そこで、選考や面接の流れをご紹介します。

書類選考

転職で最初に提出するのが履歴書や職務経歴書です。書類選考では、転職者の経歴や志望動機・自己PRなど、基本的なことをみています。

書類の書き方から、ビジネスマナーが身についているかも確認しているでしょう。書類選考では企業が欲しいと思った人材を絞り込むことが目的なので、自分の強みや活かせるスキルをアピールすることが大切です。

一次面接

一次面接は基本的なビジネスマナーが身についているか、企業が欲しい人材であるかを確認しています。特に、転職の一次面接では、転職者の意欲だけでなく、雰囲気や人柄が重要です。話し方や雰囲気などから、企業の理念や職場の雰囲気と合っているかを確認しています。

二次面接

二次面接では主に入社後の意欲や働き方を確認します。今までのキャリアや所有資格から、どのような業務ができるかを確認し、一次面接で受かった人をさらに絞り込む面接です。業務に関する理解度も確かめられるため、企業によっては専門的な質問をする場合があります。

最終面接

最終面接では、企業に合っているかの人柄や人間力を見極められます。面接官になるのは社長や役員などの幹部で、最終的な決定がされる重要な面接です。

話す内容だけでなく、話し方や立ち居振る舞い・服装なども重要視されるでしょう。企業によっては採用はほぼ決定していて、社長や役員からの許可を得るために行われる場合もあります。

内定

内定が伝えられた後は、入社の契約を結ぶ必要があります。「内定通知書」などを受け取ったら、内容をしっかりと確認して内容の承諾または辞退をしましょう

。内定の返信をする際、通常は電話で連絡をします。担当者に繋がらない時にはメールをしておき、再度電話をするのが望ましいです。

面接前後のメール・電話について

書類選考に通り、面接を受ける前と受けた後には、メールや電話で連絡が必要なことをご存じですか。連絡をする時のマナーを理解することで、内定へ近づける可能性があります。これから、面接前後のメールや電話のマナーについてご説明します。

結論から先に伝える

面接に関する連絡をする時には、結論から先に伝えることが大切です。転職における面接の場合、書類選考に通った人と企業が連絡を取り合い、面接の日程を決めます。

つまり、電話やメールで「面接を受けさせていただきます」ということを、先に伝えるといいのです。嬉しい気持ちや感謝の言葉を伝えたい人もいますが、結論よりも先にそれらを長々と話していると、忙しい企業側からマイナスのイメージを持たれてしまうかもしれません。

まずは面接を受けることを伝え、スムーズに日程を組めるようにしましょう。

件名はそのままで大丈夫

メールでの連絡がきた時には、件名はそのままで返信します。企業側は転職者だけでなく取引先も連絡を取り合っているため、分かりやすい件名にしておくことが大切です。「Re:○○」という形態になりますが、件名の最後に自分の名前を記載しておくと分かりやすくなります。

本文も残しておく

本文も残しておくことで、企業側がどのようなメールをしたかがすぐに分かります。文面を引用しておけば、企業側は確認の手間を省けるでしょう。お

互いのやり取りがそのメールのみで分かれば、転職者と企業側とのやり取りで誤解や間違いなどのトラブルも防ぎやすくなります。

返信はなるべく早く

企業から連絡を受けた時には、なるべく早く返信するのがマナーです。ビジネスに関するメールは、受信してから24時間以内に返信するのが望ましいとされています。よって、メールを受信したらすぐに返信内容を考えましょう。また、深夜や早朝に送るのも控えます。

例えば、深夜2時にメールを送信した場合、企業の担当者は「どのような生活をしているのか」と疑問に思うかもしれません。就業開始時にメールを確認する人も多いため、メールを送る時間帯は午前9時~10時がいいでしょう。もし、その時間に送れない場合は、送信予約の機能を使うのも手段です。

【幸運Start㌻】一覧記事(選択)
⭐名言集(35)
人気の偉人名言集
⭐方法(20)
⭐情報(45)

 

健康増強