英語辞書おすすめ

英語の勉強には、辞書は必要不可欠です。以前は辞書や電子辞書を使用していましたが、現在ではスマホやタブレット、PCでも使える無料のオンライン辞書が便利です。

オンライン辞書であれば、サイト上で分からないことがあって、調べるときでもコピー&ペーストで済みますし、辞書を持ってアルファベット順に探す手間もありません。

そしてなんと言っても無料なのは魅力ですね。早速紹介していきます。

英語辞書おすすめ
オンライン 英和・和英辞典

Weblio(ウェブリオ)

URLhttps://ejje.weblio.jp/

英和・和英辞典には、約1137万語収録されており、英語のイディオムや熟語にも対応し英語の発音も音声で提供している。

ウェブリオ株式会社が運営しており、日本語圏向け統合型オンライン百科事典サイトです。650以上の辞書・辞典・用語集から該当する検索結果を、一度に参照できます。

日本最大級の無料オンライン英語辞書サービスです。

■英辞郎on the Web

URLhttps://eow.alc.co.jp/

日本初の英語学習雑誌「ENGLISH JOURNAL」を創刊したアルクが、約200万項目収録している英和・和英データーベースの「英辞朗」の無料オンライン版

アルクは、語学教育の総合企業で英語を中心に行っており、英語子供教室やオンライン英会話でもたくさんの人が利用しており、国立大学の8割では、アルクの授業支援システムを利用している。

スマホのアプリもあり、本格的に英語を使用する人向けのPro版もあります。

goo辞書

URLhttps://dictionary.goo.ne.jp/en/

実用を重視した138000項目を収録する他、コロケーション辞典、時事英語辞典など実務向けに生きた英語を勉強するのに最適です。主に小学館や三省堂の辞書を使用しています。

発音を知るためと同時に英単語の意味が分かる音声機能や、スペルが最初や最後の部分だけしか思い出せなくても、検索して調べることができる機能もあります。

bab.la

URLhttps://bab.la/

28の言語の辞書が利用できる、多言語習得辞書。日本語で単語を入力して意味が合っている英語の変換候補をいくつか表示できます。また、英語から日本語、フランス語、ロシア語などにも変換候補を表示できます。

たくさんの日常用語の表現や専門用語も含まれています。また、ユーザーが自分でクイズを作ったり、翻訳を提案したりするなど楽しく学べ、ユーザー同士の共有もできます。

Infoseek辞書

URLhttp://dictionary.infoseek.ne.jp/

楽天が運営するマルチ辞書。英和・和英辞典は小学館を利用している。

コトバンクのシステムを採用しており、一括検索では約100種類の辞典でヒットしたキーワードを含む単語を表示してくれます。

■@nifty辞書

URLhttp://dictionary.nifty.com/

コトバンクのシステムを採用している、マルチ辞書。英和・和英辞典は小学館を利用している。一括検索と英和・和英辞典や国語辞典などそれぞれの辞典のみの検索にも対応している。

BIGLOBEサーチ辞書検索

URLhttps://search.biglobe.ne.jp/

goo辞書と連携しており、ほぼ一緒です。

■コトバンク

URLhttps://kotobank.jp/

Infoseekや@niftyにシステムを提供しています。

■三省堂Web Dictionary

URLhttps://www.sanseido.biz/

三省堂のデイリーコンサイス英和・和英辞典・国語辞典が無料で利用できます。有料版だと24タイトル277万語が引けます。

英語辞書おすすめ
オンライン 英英辞典

英英辞典を使用すると、語彙力が上がり言い回しが増えます。単語が分からなければ、別の単語を使った表現ができるようになり、英語のセンスが身についていきます。

OneLooK Dictionary Search

URLhttps://www.onelook.com/

どの英英辞典を使ったら良いのか分からない場合は、このOneLook Dictionary Searchが簡単で便利です。

単語を検索するだけで、ネット上にある全ての英英辞典の該当している単語を表示してくれます。そこから読んでみたい辞書を選んでクリックすると、無料英英辞典サイトにいきます。

色々な英英辞典を読み比べることができるので、そこから自分に合った辞書を見つけることが可能になりますし、辞書ごとの微妙な言い回しの違いが分かり、英語のセンスも上達します。

Longman Online Dictionary

URLhttps://www.ldoceonline.com/jp/

ロングマン英英辞典は学習者向けの英英辞典としては、かなり人気があります。日本人でも分かりやすい英単語を使用して、解説されており理解しやすいです。

また、単語の重要度と利用頻度が分かるようになっており、どのような場面で使用すれば良いのかが分かってきて、自然に英単語を使えるようになります。

Cambridge Dictionary

URLhttps://dictionary.cambridge.org/ja/

ケンブリッジ大学から、1995年に初版された英英辞典のオンライン版。明確でやさしい定義と、たくさんの例文、音声機能もついており、英語学習者に人気の高い英英辞典です。

単語の定義や例文以外にも、単語に関連する文法や間違えやすい文法も書いてあります。辞書に解説ページがついておりとても使いやすくなっています。

Collins English Dictionary

URLhttps://www.collinsdictionary.com/dictionary/english

コリンズ英英辞典は、スコットランドで出版されているコリンズ社の辞典になります。バーミンガム大学が集めたデーターベース「CUBILD(コウビルド)」を利用しています。

コウビルドは、話し言葉や書き言葉のデーターベースになっており、語義が完全文で書かれます。実際の新聞・雑誌・書籍の用例が出てきて、分かりやすくなっています。

Oxford Learner‘s Dictionary

URLhttps://www.oxfordlearnersdictionaries.com/

オックスフォード大学が刊行する、オックスフォード英英辞典です。世界で最も包括的な単一の言語による辞書として、ギネスに載っています。

同じ単語でも、品詞ごとにエントリーが分かれており、ワンクリックで全ての品詞別の意味が分かるようになっており、探す手間が省けて便利です。

Macmillan Dictionary

URLhttps://www.macmillandictionary.com/

マクミラン英英辞典は、上級学習者向けの英英辞典ですが、分かりやすい解説や例文があり、使いやすい辞典になっています。

似た意味の単語や、関連語句を説明つきで一覧表示されるので、類義語と意味が一目で分かり便利です。

英語辞書おすすめ
オンライン その他の辞典

RNN時事英語辞典

URLhttps://rnnnews.jp/

27000語収録の時事英語・新語を毎日更新するオンライン英語辞書。その時々の時事ネタが英語になっており、オリジナルの単語集も500語まで作れます。見ているだけでも楽しく学べます。

Online Etymology Dictionary

URLhttps://www.etymonline.com/

Etymology(語源)辞典。英単語・熟語の語源が3万語以上記載されているオンライン最大手。英語がある程度できるようになってから利用してみると、ニュアンスがさらに深く理解できます。

Synonym.com

URLhttps://www.synonyms.com/

Synonym(同義語)辞典。反義語や定義も表示されるシンプルな辞典。単語と似た意味の単語を探すときに利用します。

Abbreviations.com

URLhttps://www.abbreviations.com/

略語辞典。略語を入力すると使用頻度順に意味が表示されます。省略された言葉や、頭文字を取ってつなげた言葉などで分からない言葉があるときに利用します。

Proverb Hunter

URLhttp://proverbhunter.com/

イディオム&ことわざ辞典。イディオムとは、2つ以上の単語が結びついて特殊になる言葉のことです。(例Under the Weather=直訳すると悪天候の下にいるですが、気分や体調が優れないという意味です)

イディオムや英語のことわざを、やさしく分かりやすく解説してあります。

Urban Dictionary

URLhttps://www.urbandictionary.com/

利用者投稿式のスラング辞典です。新語や造語なんでもありですが信頼性については??ですが、楽しいサイトです。

The Online Slang Dictionary

URLhttp://onlineslangdictionary.com/

スラング辞典です。そのスラングがどの地域で使われているのかが分かる機能もあります。

Word Spy

URLhttps://www.wordspy.com/

流行語や新造語を集めた新語辞典です。新語が詳しく解説されており楽しめます。

Visual Dictionary Online

URLhttp://www.visualdictionaryonline.com/

絵で見るオンライン英英辞典です。辞書と言うよりは、図鑑に近いタイプになります。

Behind The Name

URLhttps://www.behindthename.com/

世界各国のファーストネームの由来や語源を解説してある、人名語源辞典です。人気の名前トップ100などもあり楽しく学べます。

英語辞書のオンラインは組み合わせで

英語のオンライン辞書には、紹介した以外にも様々なものがたくさんあります。自分で使いやすいものや、学習スタイルに合わせて選びましょう。

また、いくつかの辞書を組み合わせて使用した方が、英単語の意味だけではなく、例文の検索や例文の発音をチェックすることにより、効果的な学習ができます。

無料なので自分でいくつか試してみながら、楽しく英語学習しましょう!