ウォルト・ディズニーの名言散歩

ミッキーマウスをはじめとして、様々なキャラクターを生み出し名作を世に出してきた、愛と魔法の天使、もちろんそれはウォルト・ディズニーです。

彼が作り上げた世界観は、まさに夢や世界そのものです。

子供のころに一度は描いたことのあるような事を具現化したあのディズニーランドは、アメリカの誇りとも言えるでしょう。

今回は、そんなウォルト・ディズニーという人物について、そして彼が残した様々な名言をご紹介して参りましす。

名言の背景としてのウォルト・ディズニーの生い立ち

アメリカのシカゴ出身であったウォルト・ディズニー、あまり裕福でではなく点々とした生活を送っていきました。

幼少期は、両親が田舎で農業を始めるために膨大な農園を手に入れ、そこで様々な動物に触れ合いながら生活を送ります。

ここには、ウォルト・ディズニーの根源でもある豊かな土地に美しい樹々、そして動物とディズニーの世界を作り出すきっかけがこの幼少期の思い出と言われています。

田舎を離れた後、都会暮らしを経験していきましたが、父親が始めた事業を手伝いはとても苦労の連続でした。

しかしその一方で、田舎暮らしで描き始めた絵の才能がどんどん開花していき、辛い都会暮らしの中で描いた絵を妹に見せては喜ばせていたと言われています。

妹に絵を見せ喜ばせることで「人を喜ばせることの素晴らしさ」に気付き、大好きな絵を描く仕事に就くことを決意しました。

そこからの彼の人生というものは、実はとても波乱万丈な人生でした。

ディズニーランドを作り上がるまで、たくさんの裏切りやストライキなど様々な壁にぶつかりながらも彼は絵を描くことを諦めなかったのです。

そして、あの国民的スターである「ミッキー・マウス」は、以前飼っていたネズミと妻の助言により完成したキャラクターでした。

ミッキー・マウスが誕生する前にはもう一つキャラクターがいましたが、プロデューサーの裏切りと版権の剥奪に遭い、その窮地で誕生したキャラクターなんです。

それをきっかけにウォルトは、様々な作品を世に残していきます。

名作「白雪姫」を皮切りに「シンデレラ」や「ピーターパン」などたくさんの作品を制作し、世界初の長編カラーアニメーション映画を作り出していきました。

そして、作品を作り続けていく中である美しい野望を抱きます。

それが「夢の国」です。

幼少期に過ごした田舎暮らしは、彼の想像力を掻き立て、さらに都会での苦悩を経験することでその夢の国の実体化を希望とし、テレビ局との提携により、あの「ディズニーランド」をカルフォルニアにオープンしました。

それが1955年の出来事です。それからも彼は様々な作品を世に残し、1966年彼が天国へと旅立った後も彼は世界中の人々を喜ばせ続け、さらに夢と感動を与え続けているのです。

夢に満ち溢れたウォルト・ディズニーの名言の数々

彼の生い立ちをご紹介したところで、お次はそんなウォルト・ディズニーが残した数々の名言をご紹介して参りましょう。

ウォルト・ディズニーの名言①英語・日本語 夢を見るとうこと

英語:「If you can dream it, you can do it. 」

日本語:「夢見ることができれば、それは実現できる。」

夢見ることは単なる空想ではありません。

夢を見るということは想像することができるということでもあり、それは映像としてリアルに描くことができるということです。

夢を見て映像としてリアルにありありと描くことができるのならば、それは実際に作り上げることができるのではないでしょうか。

ウォルト・ディズニーの名言②英語・日本語 夢を希求する

英語:「All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them. I only hope that we don’t lose sight of one thing – that it was all started by a mouse.」

日本語:「夢を求め続ける勇気があれば、どんな夢も必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを。」

ミッキーに出会うまで彼の人生は、苦悩の連続です。

しかし、夢を追い求め続け、どんなことがあっても決して諦めずに努力を積み重ねてきたからこそ夢が現実のものとなりました。 この言葉は、まさに彼の人生そのものでしょう。

ウォルト・ディズニーの名言③英語・日本語 創造力と進化

英語:「Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the world.」

日本語:「ディズニーランドが完成することはない。想像力が世の中にある限り進化し続けるだろう。」

ディズニーランドとは、まずはウォルト・ディズニーが描いた夢の国、しかしそのディズニーランドはそれぞれの心の中にある夢の国でもあります。

そんなディズニーランドは、今でも様々なアトラクションが増え続けています。

こうやって、彼の意思を継ぐ後継者たちがその想像力を生かし、進化し続けていくのです。

ウォルト・ディズニーの名言④英語・日本語 働くことの意義 

英語:「You reach a point where you don’t work for money.」

日本語:「お金のために働かない、そこにあなたは到達する。」

彼がやり続けたことは、まさにお金のためではありません。

彼自身の中にある「人を喜ばせること」をベースとして、その並外れた想像力でできた作品を世に送り続けてきたのです。

愛と信念、彼はそれだけを胸に進み続けました。

だからこそ、彼の作品は我々の心に響くものが多く存在するのです。

➡【松下幸之助の名言・格言散歩】人材育成へ愛と情熱を学ぶ!|幸運100倍.net

ウォルト・ディズニーの名言⑤英語・日本語 家族と仕事について

英語:「A man should never neglect his family for business.」

日本語:「男は決して仕事のために家族をほったらかしにしてはならない。」

彼は愛妻(リリアン)家であり、2人の娘(ダイアン,シャロン)にたっぷりと愛情を注いできました。

仕事がハードであって家族と過ごす時間が短くなることもあります。しかし、ハートにおいて、心の片隅でも家族への思いや気配りを持てない時、仕事自体もうまくいかないことがあるのではないでしょうか。

その愛情こそが仕事が潤滑にいく1番の近道なのかもしれません。

ウォルト・ディズニーの名言⑥英語・日本語 子供の心

英語:「Our greatest natural resource is the minds of our children.」

日本語:「我々の最大の天然資源は、子供たちの心である。」

ウォルト・ディズニーは、子供の持っている想像力の美しさを大切にしていました。

自分の幼少期に感じたこと、また身近な子供の心を感じ取って作品に込めることで、多くの子供達の心を掴んだのです。

というよりも彼自身が、どこまでも純粋なものや、透明な愛の気持ちを追求していくという意味において、永遠の子供の心の持ち主なのかもしれませんね。

美しく純粋なのものを見ていこうとする気持ちこそが、彼が作り上げた世界観なのです。

➡【サンテグジュペリの名言・格言散歩】星の王子様作家の心音|幸運100倍.net

ウォルト・ディズニーの名言⑦英語・日本語 逆境の捉え方

英語:「The flower that blooms in adversity is the rarest and most beautiful of all.」

日本語:「逆境に咲く花は、世の中のどの花よりも貴重で美しい。」

逆境の中を何とか乗り越えて咲いた花には人々を勇気づけるパワーがあります。

ウォルト・ディズニーの人生そのものも、泥沼の中に咲く蓮の花のようでしたが、この名言には、逆境の中にいる方々を何とか励ましてその人生を素晴らしいものにして咲かせて欲しいという強い愛の願いが込められています。

夢は諦めたらそこで終わりです。その夢に人々を幸福にするための愛の願いが込められているならば、 今一度立ち上がり、また一歩前進してゆきましょう。

➡【幸運を呼ぶ】強力な言葉・偉人名言(日本語・英語)

ディズニーの愛の魔法のかけ方

いかがでしたか?不可能なんてこの世にはないと思わせてくれる夢のような名言がたくさんあったのではないでしょうか。

言葉には力があり、名言には念いが込められています。
「言葉」は愛の魔法の始まりです。

ミッキーマウスのモデルとなった「ねずみ」も、彼に語りかけたと言われています。
ねずみを通して、きっと、夢の国から、天使の言葉を聞いたのでしょう。

そして夢を実現してゆくための困難や苦難のなかに、ディズニーのキャラクターやアイデアが生まれ、様々な名言が生まれました。

数々の名作を生み出し、夢を実現した彼の言葉だからこそ、胸に響く素晴らしい可能性に満ち溢れています。

さあ、夢の国の招待状は、あなたのところに届いています。

ウォルト・ディズニーの愛の言葉を胸に、不可能とも言われるようなことにもトライしてみてはいかがでしょうか。

【幸運Start㌻】一覧記事(選択)
⭐名言集(35)
人気の偉人名言集
⭐方法(20)
⭐情報(45)

 

健康増強