勝海舟の名言

勝海舟といえば、幕末に活躍した明治維新の志士の中心人物のひとりで、江戸城無血開城を果たしたことでよく知られています。

歴史の授業でも習いますが、ここでは、 勝海舟が残した格言や名言に加え、彼の人生や興味深いエピソードなどから、彼はいったいどんな人物であったのかかをより詳しく見てゆきましょう。

勝海舟の格言・名言集

勝海舟の名言① 愚直の美徳

★事を成し遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。

才走ってはうまくいかないのは、才能のあることですぐにわかった気持ちになり、物事の本質を見抜けなかったり、すぐに有頂天になりやすくて転落が始まることもあるからでしょう。

物事を成し遂げるには、愚かに見えるかもしれないけれども気持ちがまっすぐであり努力を着実に重ねてゆく、そして智慧を蓄えて行動を続けてゆくことが求められています。

勝海舟の名言➁ 雌伏の時

★急いでも仕方がない。寝ころんで待つのが第一だと思っています。

果報は寝て待てという言葉がありますが、勝海舟も長い年月の雌伏の時代を過ごしています。しかし、その間にじっくりと次の時代に活躍するための準備をしていました。

「時が満ちる」のを待つというのも、勝海舟の兵法のひとつでしょう。

勝海舟の名言③ 人生戦略

★大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。

花火のように打ち上げて短命で華々しく散るのもひとつの人生ではありますが、 大きな事を達成するには、一生かけてじっくりと取り組むべきである。そのような人生戦略が必要だということでしょう。

勝海舟の名言④ 敵について

★敵は多ければ多いほど面白い。

困難な状況の乗り越え方、精神的態度を教えていただきました。勝海舟の老練で強靭な精神力が感じられます。

勝海舟の名言⑤ 政治家の条件

★政治家の秘訣は何もない。ただ「誠心誠意」の四文字ばかりだ。

政治家の条件の本質をひとつの四字熟語で表した、勝海舟の智慧みなぎる名言です。

勝海舟の名言⑥ 自分の価値の決め方

★自分の価値は自分で決めることさ。つらくて貧乏でも自分で自分を殺すことだけはしちゃいけねぇよ。

自分の心は誰にも邪魔されない王国であり、自分自身がその王国の主です。

自分の価値を決めるのはあくまでも自分自身であり、状況が良くないからといって自分の価値を貶め、諦めるのはよくない。自分で自分を貶める、痛めつけるようなことはしてはならないと教えていただきました。

勝海舟の名言⑦ 余裕について

★人には余裕というものが無くては、とても大事はできないよ。

精神的に余裕がなければ焦りの気持ちが出てきます。精神的な余裕を持ちには、視野を広く持ちというのもひとつの手でしょう。余裕がなくなれば目標は達成できなくなります。

勝海舟の名言⑧ 批判について

★行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。

他人の批判を恐れてはなにもできない、自分の行いに責任を持つ気持ちがあり、大義名分がバッグボーンにあるならば、断じて進んでいかなければなりません。

勝海舟の名言⑨ 行動の大切さ

★やるだけのことはやって、後のことは心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ。

やるべきことをしっかりとやっているかどうかをまず問われる言葉でしょう。まずはやるだけやってからそっと心配すれば良いという、勝海舟の言葉遣いの切れ味が鋭い名言です。

勝海舟の名言⑩ 時代と人の評価について

★時勢の代わりというものは妙なもので、人物の値打ちががらりと違ってくるよ。

時代が大きく変わる時というのは、個人の評価もガラリと変わってきます。幕末の志士らしい名言ですが、現代社会においても社会の変化や、会社などの栄枯衰退のなかでも体験することができます。

勝海舟の名言⑪ うまくいかない時の過ごし方

★人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。ところが小心者に限って何かをやらかして失敗する。

うまくいかない時は小心者ほどあせって行動を起こして失敗してしまいます。何もやらない方がいいというのは外に向かってのことであり、そんなときにこそしっかりと未来への準備をした勝海舟を見習って、体力をつけたり勉学に励んでおくことも大切でしょう。

勝海舟の名言⑫ 成功の仕方

★もし成功しなければ、成功するところまで働き続けて、けっして間断があってはいけない。世の中の人は、たいてい事業の成功するまでに、はや根気が尽きて疲れてしまうから大事ができないのだ。

根気が続くためには、自分自身の志が大切です。志をしっかりと立て、決して焦らずに、粘り強く推し進めてゆくなかに、成功への道が開けてまいります。

勝海舟の名言⑬ 断行について

★何でも大胆にかからねばならぬ。難しかろうが、易しかろうが、そんな事は考えずに、いわゆる無我の境に入って断行するに限る。

大きな夢やロマンがあるならば、後は勇気を持って断じて進んでゆくしかありません。断行しないで新しい未来が開けることはないので、天下国家のため、世のため人のためにお役に立てると思うならば、無私無我の心境で頑張りなさいという、圧倒的な励ましの名言です。

名言の背景として勝海舟の生い立ち

勝海舟の歩んだ人生を順を追って見ていきます。

・・幕府の要人となるまで

勝海舟は1823312日、江戸に生まれます。

旗本の子として生まれましたが、家は貧しく勝海舟自身も間借りするなど生活には苦労していたようです。

それでも勝海舟は腐ることなく、剣術を学んだり蘭学を学んだりしながら成長していきます。

その後日本に黒船が来航すると、幕府は黒船に対抗するための策を募集します。

この時に勝が提出した意見書が注目され、これがきっかけで長崎海軍伝習所の一期生となります。

ここで学んだことを活かし、咸臨丸にも乗船、幕府の要人として本格的に活躍を始めます。

・・江戸城無血開城での役割

明治維新に際しても勝は大きな事を成し遂げます。

それが有名な江戸城無血開城です。

当時、幕府と新政府軍で争っている状態でしたが、新政府軍の西郷隆盛と会談をすることで、武力を使わない平和的な方法で江戸幕府を終わらせます。

もし江戸城無血開城がなければ、江戸で大規模な戦闘が起き多くの人が亡くなっていたでしょう。

・・大政奉還

大政奉還が行われた後も、新政府のサポートをし、新しい日本の土台作りに励みます。

晩年は江戸幕府最後の将軍だった徳川慶喜の子を養子に迎えるなど、江戸幕府への忠誠心も垣間見える行動もしています。

そうして77歳の時に亡くなりました。

貧しい家の出でありながら強い精神力でさまざまなことを学び、学んだことを活かす行動力も持ち合わせていたのが勝海舟です。

その実力はすぐに認められ、江戸幕府の要人として活躍し、最終的には江戸城無血開城という大きな偉業を達成します。

平和的な方法で被害を最小限に抑え、同時に海外が日本に介入する隙を作らなかったその手腕は、勝海舟という人を象徴しています。

諦めずに最後までやり遂げる気持ちがあったからこそ、これだけの偉業を達成できたのでしょう。

勝海舟の意外なエピソード

勝海舟といえば江戸城無血開城ですが、この他にも興味深いエピソードがあります。

こうしたエピソードを知れば、勝海舟がどんな人だったのかがより見えてきます。

・・実は船が苦手

勝海舟は日本人で初めて太平洋を横断した人物です。

咸臨丸に乗ってアメリカまで言ったのですが、船酔いがひどく到着までほとんど部屋にこもっていたとされています。

豪胆でバイタリティ溢れるイメージですが、そんな彼も船酔いには勝てなかったようです。

・・剣術も凄腕

勝海舟は子供の頃から剣術を学んでおり、直心影流剣術という流派の免許皆伝を得ています。

腕前はかなりのものだったと想像できます。

江戸時代は平和な時代で、刀を使うことはあまりなかったようですが、武士として剣術にも励んでいたのです。

強い精神力も剣術によって育てられたのかもしれません。

・・大の犬嫌い

子供の頃に犬に噛まれて大怪我をしたことがあり、それ以来犬がとても嫌いになったそうです。

細かいことは気にしない豪快な人物ですが、そんな彼でも犬は怖くてしょうがなかったようです。誰にでも苦手なものはあるのですね。

 勝海舟の志と精神力と先見力を学ぼう!

 勝海舟は激動の幕末を生きた人物で、江戸幕府の要人でありながら広い視野を持って行動しました。

時には突飛なアイデアを空気が読めないと称した人もいたようですが、先見の明があり江戸城無血開城という偉業を成し遂げます。

その後も新政府の要人として活躍し、日本を海外に負けない強い国にするために奔走しました。

貧しい家で生まれたということをバネに、小さな頃から精力的に学ぶ人で、天下国家のために尽くす大きな透明な志と先見力、強い精神力が自身の人生を切り拓いたと言えるでしょう。

【幸運Start㌻】一覧記事(選択)
⭐名言集(35)
人気の偉人名言集
⭐方法(20)
⭐情報(45)

 

健康増強