どれが本当の誕生花?複数ある理由と選び方・贈り方のポイント

各月(日)にはさまざまな花が誕生花として制定されています。しかし、同じ誕生月(日)でも、複数の誕生花が存在することがあります。それでは一体、どれが本当の誕生花なのでしょうか?

本記事では、誕生花の複数ある理由や選び方、贈り方のポイントについて解説します。

目次

「どれが本当の誕生花?」の答え・結論

「誕生花」とは

「誕生花」は、特定の月や誕生日に関連付けられたお花です。花言葉とともに使われています。その人が生まれた月や日にちを象徴する花や言葉は、ひとつの美しい文化として、世界中で愛されています。

ところが誕生花は国によっても違うこともあります。また、日本のなかでも複数の異なる誕生花が存在します。誕生花にはさまざまな説があり、いったいどれが本当の誕生花なのかと、迷ってしまいがちです。

誕生花はどれも間違っているとは言い切れない

どれが本当の誕生花なのか。結論から言うと、「どれも間違っているとは言い切れない」ということになります。ただし、一般的には「社会的に信頼のある機関や花屋さんが発表しているものならば」という前提が付きます。

それでは、「誕生花はこの花だ!」とひとつの花を断定できない理由を、以下に見てゆきましょう。(また、次の項目では、日本でよく使われている誕生花一覧をご紹介します。)

参考㌻案内 ●花通販おすすめ12選おしゃれな花屋通販7選当日配達
●胡蝶蘭通販おすすめ8選ピンク胡蝶蘭青色胡蝶蘭相場は?
●観葉植物おすすめ7選幸運を呼ぶ観葉植物10選どこで買える?・玄関8選

誕生花が様々にある4つの理由

誕生花が様々にある理由は、大きく分けて以下の3つです。

❶誕生花や花言葉の起源や歴史が関係している

誕生花の起源は古代ギリシャから

誕生花の起源は古く、古代ギリシャやローマの時代にまで遡ります。当時は、神話や伝説に登場する花を誕生花として選ぶことが一般的でした。例えば、水仙は、古代ギリシャの神話に登場する花であり、春の訪れや再生の象徴の意味を持っています。

誕生花の大普及は、トルコと花言葉の影響から

17世紀頃、ヨーロッパで花言葉が大普及したのは、トルコが関係しています。

トルコでは当時から「花に想いを託して恋人に贈る風習(トルコ流の恋文・セラム)があり、それをイギリスのイスタンブール大使夫人が、花言葉文化として一冊の本にして出版。これが瞬く間に世界中に広がり、各国で「花のイメージからその国オリジナルの花言葉」が誕生したのです。

❷国や地域単位の文化・風習の違い

国単位や、国の中でも地域単位で、特定の花がその季節に豊富に咲く場所や、特定の花に特別な意味を持つ文化・風習などがあります。

例えば、日本では1月生まれの誕生花に「スイートピー」や「シンビジウム」が選ばれていますが、アメリカでは「チューリップ」「ヒヤシンス」が選ばれています。これは、日本とアメリカで「新春の春を告げる花」として何を選定するかの違いがあるからです。例えばアメリカでは、「チューリップは勝利と美しさの象徴と見なす」傾向が強く、新春№1の花になっています。

❸日本では独特の花文化も影響している

また、日本では独特な花文化が発展している影響があります。

明治時代の欧米文化の影響

誕生月や誕生日ごとに花を設定するという、誕生花そのものの考え方は、欧米発であり、明治時代の欧米文化の影響が大きいとされています。

生け花や歌舞伎などの花文化の影響

ただ、日本では、「花」に関しては独特な文化があります。たとえば、生け花などの花文化や、江戸時代の歌舞伎や浮世絵にも季節にマッチした花々が描かれていて、花の美しさが日本の文化と大調和して存在しているのです。

日本の誕生花は、西洋の誕生花をベースに、日本の風土や文化に合わせて、独自の定義が確立してきたと言えるでしょう。

現代での誕生花の選定方法と商業的な要因

近年、誕生花や花言葉の様々な情報が広く流通し、誕生花の意味や由来も広く知られるようになりました。実は、誕生花の多様化には、現代的なメディアの影響が大きく関わっているといえるでしょう。

メディアは、お花に関する多くの情報から、上記で示したような伝統的な誕生花の選び方だけではなく、より細かい地域や文化性、季節、商業的な要因などの様々な要素を考慮して、誕生花を選定しています。特に、有名で人気のある花屋さんメディアでの誕生花情報は大きな影響力を持っているといえるでしょう。

誕生花が花屋ごとに異なる理由

誕生花は花屋さんによっても違うこともありますが、その主な理由は、以下の通りです。

  • 日本のなかでの地域性の違い 特定の花が豊富に咲く地域。特別な意味を持つ文化・風習などがあるため。
  • 花を購入する側の需給も考慮 季節の花や地域性だけではなく、花屋さんの花を買う側の需要も考慮される。
  • 花の入手が可能かどうかも考えられる 特に月を代表する花は供給が可能であるかどうかがポイントになる。
  • 商業的な要因 許される範囲で、花屋さん同士での差別化を図るために水晶の花が決められることもある。

このように、異なる誕生花の選定が行われるのは、多くの要因が影響している結果です。特に、地域や文化、商業的な要因、花の入手可能性などが、主な理由として考えられます。ただし、好き勝手に決めて言い訳でもなく、誕生花としての選定で許される範囲と許されない範囲があります。

誕生花はプロフェッショナルにおまかせ!!  

左から~花キューピット・フジテレビフラワーネット・イーフローラ

花贈りの誕生花の選び方: 複数の花からどれを選ぶ? 4ポイント

花のプレゼントを贈る時などに、複数ある誕生花のなかから、どの花を選んだらよいのでしょうか。そのポイントは以下の4点を考慮した上での選択となります。

❶贈る相手が喜ぶ花か?開花時期は?

もちろん、誕生花でも贈る相手が嫌いな花は避けます。できれば、相手との思いでの花や、相手の好みの花が入っていればその花を選びます。また、開花時期も合わせて考えましょう。

❷その月の代表的な花が花贈りの基本

各日の花は入手困難なものが多く、その場合の花贈りには、その月の代表の花のなかから選びます。

❸花言葉のメッセージ性から選ぶ

花言葉とは、各花にふさわしい象徴的な意味を持たせたものです。そのため、花言葉は、自分の感情や思いを相手に、花を通して表現する素晴らしい手段となります。誕生花の持つ花言葉のメッセージ性を考慮しての花選びを心がけましょう。

❹信頼のあるメディアの誕生花情報が選択の前提

人気・実績のある花屋さんや信頼のある機関からの誕生花情報を参考にしましょう。なかには個人的好みだけの選定情報もあります。

誕生花一覧(月ごと・日ごと)

1月から12月まで月ごとの誕生花・花言葉

誕生花の月ごとの一覧を掲載します。(誕生花の左側は【フジテレビフラワーネット】、中央は『花キューピット』、右側は、その他有名花屋さんの情報をご紹介しています)

1月の誕生花スイートピースイートピー 花言葉…門出シンビジウム・スイセン
2月の誕生花チューリップ チューリップ 花言葉…思いやりフリージア・マーガレット
3月の誕生花ラナンキュラス 花言葉…とても魅力的ピンクガーベラ 花言葉…崇高美チューリップ・ワスレナグサ
4月の誕生花アルストロメリア アルストロメリア 花言葉…未来への憧れカスミソウ・桜
5月の誕生花カーネーション 花言葉…純粋な愛情ピンクバラ 花言葉…感謝すずらん
6月の誕生花ユリ ユリ 花言葉…純潔バラ・トルコキキョウ
7月の誕生花ひまわりひまわり 花言葉…あこがれバラ・トルコキキョウ
8月の誕生花トルコキキョウトルコキキョウ 花言葉…優美ひまわり・アンスリウム
9月の誕生花ピンクバラ 花言葉…しとやか、上品リンドウ 花言葉…誠実ダリア
10月の誕生花オレンジバラ 花言葉…絆、信頼バラ 花言葉…愛ガーベラ・コスモス
11月の誕生花ガーベラガーベラ 花言葉…希望菊・シクラメン
12月の誕生花赤バラ 赤バラ 花言葉…愛情カトレア・ポインセチア

365日の誕生花一覧(日ごとの花々)

365日の誕生花一覧を、以下の項目からご覧いただけます。(各日の誕生花は『AND PLANTS』『PREMIER GARDE』『花キューピット』等の情報からご紹介)

来月2月の日ごとの誕生花一覧

2月1日の誕生花ウメ(梅)・マーガレット・ボケ ➧参照2月16日の誕生花ゲッケイジュ・セントポーリア・カーネーション ➧参照
2月2日の誕生花スノードロップ・パンジー・ムスカリ ➧参照2月17日の誕生花スノーフレーク・ボケ・ミモザ(アカシア) ➧参照
2月3日の誕生花ツバキ・セツブンソウ・カスミソウ ➧参照2月18日の誕生花タンポポ・リュウキンカ・ムラサキハナナ ➧参照
2月4日の誕生花ボケ・ヒトリシズカ・ツバキ ➧参照2月19日の誕生花モクレン・タンポポ・ユーフォルビア・フルゲンス ➧参照
2月5日の誕生花オキナグサ・ワスレナグサ・カンガルーポー ➧参照2月20日の誕生花カルミア・マーガレット ➧参照
2月6日の誕生花ナノハナ・シャクヤク・エリカ ➧参照2月21日の誕生花スミレ・ネモフィラ・ギョリュウバイ 
➧参照
2月7日の誕生花ワスレナグサ・ギンバイカ・パンジーアプリコット ➧参照2月22日の誕生花ムクゲ・ローダンセ・ハナニラ ➧参照
2月8日の誕生花シャクヤク(芍薬)・ホトケノザ・ユキノシタ ➧参照2月23日の誕生花ポピー・コブシ・スノーフレーク ➧参照
2月9日の誕生花ストック・カトレア ➧参照2月24日の誕生花アマリリス・サクラソウ・アイスランドポピー ➧参照
2月10日の誕生花ジンチョウゲ・ヒマラヤユキノシタ ➧参照2月25日の誕生花カランコエ・ハナカイドウ ➧参照
2月11日の誕生花フリージア・ガーベラ・イベリス ➧参照2月26日の誕生花スノードロップ・フクジュソウ・リムナンテス ➧参照
2月12日の誕生花レンギョウ・ネコヤナギ・ベニバナトキワマンサク ➧参照2月27日の誕生花オーニソガラム・マドンナリリー・ユキヤナギ ➧参照
2月13日の誕生花エーデルワイス・アルメリア ➧参照2月28日の誕生花ゲッケイジュ・ヘリクリサム・フリージア ➧参照
2月14日の誕生花カモミール・シュンラン ➧参照
2月15日の誕生花デイジー・ミツマタ・パーロット咲きチューリップ ➧参照

各月の日ごとの誕生花一覧は下記のリンクから

1月の誕生花➧参照Page5月の誕生花➧『花キューピットサイト』9月の誕生花➧参照Page
2月の誕生花➧参照Page6月の誕生花➧『花キューピットサイト』10月の誕生花➧参照Page
3月の誕生花➧『花キューピットサイト』7月の誕生花➧『花キューピットサイト』11月の誕生花➧参照Page
4月の誕生花➧『花キューピットサイト』8月の誕生花➧『花キューピットサイト』12月の誕生花➧参照Page

誕生花のおしゃれな贈り方アイデア

誕生花を贈る際のおしゃれなアイデアをご紹介します。

花言葉を含めたメッセージを添える

花の贈り物に、花言葉を含めたあなたのメッセージを入れることで、誕生花がより特別な意味を持ちます。贈る側のの愛の気持ちが、花言葉をキーワードにして伝わることで、相手の方に素敵な感動を与えることでしょう。

花束オーダーや有名フラワーデザイナーのアレンジメントを贈る

オーダーメイドのアレンジメントや有名なフラワーデザイナーの作品を贈ることで、あなたの独自性や芸術性が感じられる、おしゃれな花プレゼントになるでしょう。相手により一層の特別な喜びを与えます。

スタイリッシュな花瓶を添える

花瓶もまた、花の贈り物の一部と考えましょう。モダンなガラス製の花瓶や、シックな陶器の花器など。花とのバランスを考えた、スタイリッシュで洗練されたものを選ぶことで、全体の印象が格上げされます。

ラッピングにもこだわる

ラッピングは、花束を開く前から喜びを広げる、魔法の包みです。上品な包装紙やリボンを使用することで、花の贈り物が一層華やかに映えます。その花の魅力を引き立てる、デザインや色合いのラッピングを選びましょう。

バースデーイベントには素敵なスタンド花を

誕生日イベントには、素敵なスタンド花が華を添えます。会場や主役のテーブルに飾ることで、一気にイベントの雰囲気が引き立ちます。スタンド花には花束とは異なる存在感があり、ミニサプライズ的な贈り物になるでしょう。

誕生花に相性の良い贈り物例

誕生花に相性の良い贈り物としては、以下のようなものが挙げられます。

誕生花と誕生石を組み合わせる

誕生花に誕生石を組み合わせると、サプライズ的な特別な贈り物になります。たとえば、6月の誕生花・バラに、誕生石・真珠を添えると、花言葉「愛しています」と石言葉「誠実さ」が合わさり、相手に対する誠実な愛情を強く伝えることができます。贈り物がより特別なものとなります。

誕生花の季節感や色合いを活かした贈り物

例えば、誕生花が春に咲く花の場合、春らしい贈り物として、桜の絵葉書や、春の果物なども良いでしょう。また、誕生花が赤い花の場合、冬ならば、赤いマフラーなども面白いでしょう。

誕生花をモチーフにした雑貨やアクセサリー

身に着けたり、飾ったりする雑貨やアクセサリーは、誕生花に相性の良い贈り物です。例えば、チューリップは、愛や幸福を象徴する花であり、チューリップをモチーフにした雑貨やアクセサリーはとても喜ばれます。

誕生花に関連した花の香水や絵画、写真

誕生花に関連した花の香水や絵画、写真は、花の美しさや象徴性を、素敵なアクセントとして引き立てるものです。誕生花の花言葉や相手のイメージに合った香りや写真をセレクトすることで、より特別な贈り物になります。

誕生花をイメージしたスイーツやお菓子

誕生花をイメージしたスイーツやお菓子は、見た目にも華やかで、遊び心的にも楽しむことができる贈り物です。例えば、誕生花の形をしたケーキやチョコレート。また、春の誕生花ならば、春の訪れや希望をイメージしたスイーツを贈るとよいでしょう。

(まとめ)どれが本当の誕生花かはシチュエーションによって違う

誕生花は一つではなく、シチュエーションによって異なります。この多様性こそが、相手の個性を尊重して最適な花を選ぶ面白さでもあり、贈り物に愛の心を込める素敵な機会となります。

誕生花は、誕生日を祝う際に感謝やお祝いの気持ちを表現する理想的な贈り物です。花言葉をキーワードにして、あなたのメッセージを添えれば、お花の贈り物はさらに特別で魅力的なものになるでしょう。

左から~花キューピット・フジテレビフラワーネット・イーフローラ