今回は、プロポーズの花について詳しく解説。花の選び方、相場、おすすめ通販、本数や色の意味、渡し方、保存方法までをご紹介します。愛とロマンスを象徴する美しい花々は、プロポーズの瞬間を鮮やかに彩り、一生心に残る思い出となるでしょう。ぜひこのガイドを参考に、特別な人に感動的なプロポーズを捧げてください。

人気のプロポーズ花束専門通販 『パティスリーフラワー 』サイトより

目次

プロポーズにぴったりな花の選び方(ポイント)

プロポーズにぴったりな花を選ぶ際に、考慮すべきポイントは以下の通りです。

  • ➊プロポーズの花の王道は赤いバラ。特にこだわりがない場合はストレートな薔薇の花が喜ばれます。➤本文
  • ➋季節の花・誕生花もOK。相手が特に好きな花があれば、その花を使うと感動的です。在庫には注意。➤本文
  • ➌花選びには「花言葉」メッセージも大切です。花言葉は、花の「本数」や「色」でも変化します。➤本文
  • ➍相手に愛情を伝えるための花のスタイル(花束・一輪花・プリザーブド・アートなど)を選びます。➤本文
  • ➎プロポーズの「場所や時・演出」に合った花を選んで、ロマンチックな雰囲気を創ります。➤本文

➊プロポーズの花の王道はバラ: 基本情報

バラがプロポーズに重宝される理由

バラは、プロポーズの花として定番中の定番です。 その理由は、

愛の象徴であること

薔薇は古くから愛の象徴とされ、数多くの宗教や文化で重要な役割を果たしてきました。例えば、古代ギリシャでも、薔薇は愛の女神や美のシンボルとして崇拝されています。 また愛の象徴として、世界中で数多くの文学や芸術作品が創り出されています。参考㌻➤ガラスの靴プロポーズ ➤プロポーズの言葉

花言葉・本数・色で愛の気持ちを表現しやすい

バラの花言葉は基本的に『愛』と『美』です。花言葉の面からも、愛の表現として明確です。また、バラの本数や色によって、伝える愛情のニュアンスを変えることができます。

例えば、バラ1本は「あなただけ」、バラ108本は「結婚してください」。赤い薔薇は「熱い愛」、ピンクの薔薇は「感謝や幸せ」を表すなどです(詳しくは後述)。プロポーズの言葉に合わせて、愛の気持ちを表現できるのが薔薇の特徴です。参考㌻➤プロポーズのバラの本数は? ➤バラ108本 ➤バラ12本 ➤バラ1本 ➤どこで買う?!

美しさや香りはロマンティックで感動的

ロマンティックで感動的な雰囲気創りが、プロポーズの瞬間には大切です。薔薇の美しい花びらや幾重にも重なりあった花の形、芳しい香りは、プロポーズ時の愛を語るのにも最適。特別な瞬間をより鮮やかに彩ることができます。

バラの基本的な知識

バラの学名

薔薇(バラ)の学名は「Rosa」。バラ科(Rosaceae)に属します。バラは主に温帯から亜熱帯地域に広く分布。ハイブリッドティー、フロリバンダなど、世界中でさまざまな形や大きさの花を持つ数千種以上の品種が存在します。

バラの主要な2つの種類

バラは「モダンローズ」と「オールドローズ」の2つの主要な分類に分けられます。モダンローズは19世紀以降に交配された新しい品種で、多くの花びらや鮮やかな色合いが特徴です。一方、オールドローズは古い品種で、繊細な香りやクラシカルな魅力があります。

バラの花形から見る咲き方

バラの花の形はさまざまで、シングルフラワー(一重咲き)、セミダブルフラワー(セミ八重咲き)、ダブルフラワー(八重咲き)などがあります。ダブルフラワーの品種は特に多くの花びらを持ち、豪華な見た目が魅力です。

ダズンローズ(dozen rose)とは

バラ12本は「ダーズンローズ・ダズンローズ」と呼ばれています。中世ヨーロッパで、プロポーズをしようと考えた男性が、女性への誠実な愛情を表現するため、12本のバラを摘んで贈ったのが始まりと言われています。

バラの12本の花言葉は「私の妻になってください」。12本にはそれぞれに「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」の意味が込められています。

➋プロポーズの花のオススメ: バラ以外は季節の花・誕生花

バラは定番ですが、プロポーズの花束にはバラ以外を選ぶこともできます。季節の花や誕生花や、その中から相手の好きな花を選ぶとより特別感があり、想いが伝わりやすくなります。

春夏秋冬、それぞれの季節にふさわしい花の選び方

**春の花**:

新しい始まりや希望を象徴する春。春には、以下のような、華やかで、明るく、爽やかな印象を与える花が良いでしょう。

  • チューリップ  チューリップも春を代表する花の一つ。赤いチューリップの花言葉は「愛の告白」
  • ラナンキュラス 花言葉は「魅力」「光輝」花びらが重なり合って咲く姿は、まるでバラのよう。
  • スイトピー 春らしい優しい雰囲気を演出。花言葉は「優しい思い出」「蝶の夢」
  • フリージア 春らしい明るい色合いで、甘い香りが特徴的な花。花言葉は「希望」

**夏の花**

情熱や活力を感じる夏。夏にふさわしい花は、バラ以外では、鮮やかな色彩や豊かな香りの花です。

  • ひまわり 花言葉は「あなただけを見つめる」。古代インカ帝国の祭祀にも使われたと言われる聖なる花です。
  • ブーゲンビリア 花言葉は「あなたしか見えない」「情熱」。鮮やかなピンクや紫の花が美しい魅力的な花です。
  • アガパンサス 4~9月。春から夏にかけて。ギリシャ語の「agape(=愛)」「anthos(=花)」が語源です。

**秋の花**:

色彩豊かですが落ち着いた深い愛を感じさせる花が、プロポースにふさわしい秋の花の特徴です。

  • コスモス 秋を代表する花。花言葉は「乙女の真心」や「調和」。大輪の赤いバラとコスモスの花束も素敵です。
  • ダリア ダリアの花言葉は「華麗」「優美」「気品」。夏から秋にかけての大人っぽい雰囲気のプロポーズに。
  • リンドウ 「誠実」などの花言葉がある青いリンドウの花。他の花との組み合わせでロマンチックプロポーズに。
  • ガーベラ 華やかで美しいガーベラの花言葉は「希望」「前向き」「常に前進」。年中OKですが実は秋の花です。

**冬の花**:

寒い季節の冬に「暖かさと華やかさ」を表現した花が多いことは天の計らいでしょう。また、「清らかさや純粋さ」も大切なモチーフになっています。

  • ポインセチア 「聖夜」「私の心は燃えている」などの花言葉。 胸の高鳴りや幸福感を表現した赤い花です。
  • アマリリス 花言葉は「誇り」「気品」。 おしゃれでスタイリッシュな印象の花。高貴な感じが溢れています。
  • ピンポンマム 花言葉は「君を愛す」「真実」。真ん丸で愛らしくウェディングアイテムにも使われる人気の花。

参考㌻案内 ●花通販おすすめ12選人気のサブスク5選おしゃれな花屋通販7選当日配達
●胡蝶蘭通販おすすめ8選ピンク胡蝶蘭青色胡蝶蘭相場は?
●観葉植物おすすめ7選幸運を呼ぶ観葉植物10選どこで買える?・玄関8選・玄関外7選・魔除け7選

誕生花を使ったプロポーズについて

誕生花とは、生まれた月や日にちを象徴するお花のことです。誕生花の考え方は、古代エジプト時代にはすでにあり、「(誕生)花には神聖な力がある」とされていました。もちろん現代においてもそれは変わりなく、プロポーズにおいても、誕生花は注目されている花選びのひとつとなっています。

誕生花を使ったプロポーズの方法

以下は誕生花を使ったプロポーズの方法の例です。

  • 花束のアレンジメント: 誕生花だけの花束が難しい場合は、王道のバラなどとのアレンジメント花束を創ります。
  • 特別な場所での演出: 相手の誕生日に、誕生花を使った装飾を施してロマンチックな雰囲気を演出します。
  • 誕生花の花言葉を取り入れる: プロポーズの言葉のなかか、花に添えるカードに花言葉の意味を取り入れます。

誕生花選びの注意点

誕生花には、月ごとの代表の誕生花と、日ごとの誕生花が複数設定れています。ただし、日こどの誕生花は一般的に知られていない花や、流通が少ないもの、また、不適切な花言葉も数多くあり、プロポーズには、月ごとの誕生花を選ぶことをおすすめします。

月ごとの誕生花

月ごとの誕生花をご紹介します。

フジテレビフラワーネットより

1月の誕生花「スイートピー」【花言葉】門出・優しい思い出 2月の誕生花「チューリップ」【花言葉】永遠の愛・恋の告白
3月の誕生花「ラナンキュラス」【花言葉】とても魅力的・華やかな魅力 4月の誕生花「アルストロメリア」【花言葉】持続・未来への憧れ
5月の誕生花「カーネーション」【花言葉】無垢で深い愛 6月の誕生花「ユリ」【花言葉】純粋・無垢
7月の誕生花「ひまわり」【花言葉】私はあなただけを見つめる・あこがれ 8月生まれ~トルコギキョウ【花言葉】すがすがしい美しさ・希望
9月生まれ~ピンクバラ【花言葉】上品・恋の誓い 10月生まれ~オレンジバラ【花言葉】絆・信頼
11月生まれ~ガーベラ【花言葉】希望・常に前進 12月生まれ~赤バラ【花言葉】あなたを愛してます・情熱

バラと季節の花・誕生花との組み合わせ例

バラとバラ以外の花を、花言葉や意味を考慮して組み合わせると、あなたの愛の気持ちにピッタリの花束ができあがります。

バラ&カスミソウやトルコキキョウ

カスミソウやトルコキキョウは、美しさや優雅さを象徴する花であり、特別な場面にふさわしい華やかさを持っています。愛や情熱を表現するバラの美しさを引き立てるアクセントとして使われることで、プロポーズの花束により一層の魅力を与えてくれます。

バラ&カサブランカ

バラとカサブランカの組み合わせは、情熱的な愛と純粋さ、尊敬の両方を表現する花束です。カサブランカには「純粋」「無垢」「高貴」という花言葉があり、これは、聖母マリアに白いユリが捧げられたことが由来。甘く強い香りがするのが特徴で、その高貴な雰囲気から結婚式のブーケに用いられることもあります。

その他、バラとバラ以外の花(花言葉)を組み合わせたプロポーズの花束のアイデアです。

  1. バラとカーネーションの花束:バラは愛と情熱を表し、カーネーションは深い愛情と尊敬を表します。
  2. バラとチューリップの花束:バラは愛情とロマンスを表し、チューリップは一途な愛と祝福を表します。
  3. バラとランの花束:バラは愛と情熱を象徴し、ランは美しさや上品、優雅さを表します。

プロポーズで避けた方がいいお花の例

プロポーズにおいて、避けた方がいいお花の一例は以下の通りです。

  • 黄色いチューリップには「報われぬ恋」という花言葉がありますので避けていた方が無難です。
  • キンセンカ:花言葉に「失望」「悲しみ」があります。
  • マリーゴールド : 花言葉に「絶望」があります。
  • クロユリ:「呪い」。オニユリ:「嫌悪」。ハナニラ:「悲しい別れ」なども要注意です。

➌花の本数や色でも違う「花言葉」メッセージ

バラやひまわりなどでは、本数や色によって花言葉の意味が異なります。ただし、これらは全体の花言葉を補完する要素と考えることができます。たとえば、花言葉が「愛」である場合、本数や色によって「愛の表現」が異なります。

以下に、バラの本数ごとの意味を説明します。ひまわりなどの場合も、基本的に同様です。

100本以上で1万年の愛を誓う

赤バラ108本は「結婚して下さい」

ズバリ「結婚してください」の花言葉を持つバラプロポーズ108本。~永遠の愛の誓いを込めて~

【100本】は「100%の愛」。【365本】あなたを365日毎日愛しいます。【999本】何度生まれ変わってもあなたを愛する。そして【1000本】は「1万年の愛を誓う」です。

50本や40本のバラで永遠の出会いを表現

【50本】の花言葉は「永遠」。【40本】の花言葉は「真実の愛を誓います」。 永遠に愛を誓う気持ちを表すのには最高のプレゼントになります。

🌹赤バラ本数を選ぶ👇

少なめの本数でスマートなプロポーズ

33本の花言葉は「生まれ変わってもあなたを愛します」。11本の花言葉は「最愛の人」です。

1本の赤薔薇は?

「あなただけを愛する」意味の赤バラ1本。「赤薔薇一本でダンディーに決める」プロポーズです。その場合は、赤薔薇一本に希少な天然ダイヤモンド入りラメをバラの花弁に化粧した「ダイヤモンドローズ®」(パティスリーフラワー商品)などが人気です。

色ごとの花言葉・二つの色の組み合わせ効果

ここでは、バラの色別の意味や花言葉、そして、バラの二つの色の組み合わせ効果について説明します。

バラの色別の花言葉

バラ全体の花言葉は「愛と美」。赤いバラが薔薇全体の花言葉を象徴しています。

赤いバラの花言葉

赤いバラの花言葉は「情熱・愛情・美」: 情熱、愛、ロマンスを表現します。深い愛や熱い感情を表します。

ピンクのバラの花言葉

ピンクのバラの花言葉は「感謝・しとやか・上品・感銘」: 親愛や感謝の気持ちを示します。

白いバラの花言葉

白いバラの花言葉は「純潔・深い尊敬」: 純粋さ、清潔さ、誠実さ、新たな始まりを象徴します。

オレンジのバラの花言葉

オレンジのバラの花言葉は「絆・幸多かれ・信頼・熱望」: 情熱的な愛を象徴し、元気や活力を与える効果があります。

また、バラとバラのそれぞれの「色」の組み合わせで、愛の感情を表見してみるのも良いかもしれません。たとえば

赤いバラと白いバラの組み合わせ

赤いバラは情熱や愛の炎を象徴し、強くて熱い愛情を伝えます。一方、白いバラは純粋さや清潔さを表し、無垢な愛情を示します。情熱的でありながらも純粋で深い愛の感情を表現することができます。

ピンクのバラと白いバラの組み合わせ

ピンクは優しさや愛情を表し、白は純潔や清潔さを象徴します。この組み合わせは、優しくて深い愛と純粋さを表現することができます。

プロポーズに適さない本数・色・部位・咲き方

ここでは、プロポーズに向かないバラの本数、不適切な色や部位、そして咲き方について解説します。

15、16、17本のバラの本数も適さない

15~17本のバラの本数にも注意が必要です。15本は「ごめんなさい」。16本は「不安な愛・コロコロ変わる愛」。17本は「絶望的な愛」の花言葉です。

黄色のバラは要注意

黒色のバラは「貴方は私のもの・不滅の愛」の他に「憎しみ」の花言葉を持っていて贈る方はいないと思いますが、要注意なのは黄色のバラです。

黄色のバラは「友情・平和」などの花言葉が一般的ですか、一方、「嫉妬や薄らぐ愛」などのネガティブな花言葉もありますので避けた方が無難です。

花びらが変形しているなど

もちろん、病気や虫害が見られる葉や花びら、葉が落ちたり、花びらが変形しているなどは論外です。

蕾が多く咲きかけの薔薇

薔薇は花開く前のつぼみから開花までの過程も美しいですが、プロポーズには開花した状態の薔薇を選ぶ方が良いでしょう。ただこの点は、彼女の好みにもよるかもしれません。また、満開のバラには「私は人妻」という花言葉がついています。満開のピンクのバラの花言葉は「赤ちゃんができました」という花言葉になれます。

短い茎の薔薇

薔薇の茎の長さは見た目の華やかさやボリューム感、存在感に大きく関わってきます。プロポーズには比較的長い茎を持つ薔薇を選ぶと良いでしょう。

強い香りの薔薇

香りの強い薔薇は一般的には好まれますが、相手が香りに敏感な場合やアレルギーを持っている場合は注意が必要です。プロポーズには、香りが強すぎない品種を選ぶと良いでしょう。

➍プロポーズの花の値段相場

プロポーズの花束の一般的な相場

プロポーズの花束の相場は、花の種類や本数、大きさ、時期などによって異なりますが、一般的には5,000円~20,000円程度です。

  • 片手で持てるサイズ:5,000円~10,000円
  • 両手で抱えるサイズ:10,000円~20,000円
  • 花束のラッピング:無料のショップもありますが、500円~1,000円ぐらい。
  • 配送料:1,000円~2,000円 配送料込表示のの花屋さんもあります。

プロポーズのバラの相場

一般的なバラは1本250円~500円程度です。秀逸なバラを選んだ場合は普通のバラの倍以上の価格になることもあります。かなり安価なバラもありますが、品質が劣り、プロポーズの花束としては向かないでしょう。

価格は、店舗やオンラインショップによって異なりますが、一般的には、12本の赤いバラで、5,000円から20,000円程度の価格帯で販売されています。価格は、バラの鮮度や品質、季節、販売場所などによって変動することがあります。

バラ108本では、1万円代からの花もありますが、普通は3~5万円程度。極めて質のよい10万円近くの108本バラも人気があります。

➎おすすめのプロポーズの花通販

プロポーズの花をどこで買うか

プロポーズフラワーを購入する際の花屋さんの種類別のメリット・デメリットは次の通りです:

  • 近くのお花屋さん: メリット: 急なプロポーズでも準備してもらえる可能性があります。 デメリット: お花の数が少なく、満足感のある注文にならない場合があります。
  • 大手の花屋さん: メリット: 技術力が安定していて、素晴らしい品質のお花が用意されます。 デメリット: 即日対応が難しい場合があります。
  • 一般的な花通販: メリット: 気軽に頼めて比較的安価です。 デメリット: 品質が低い場合があります。
  • プロポーズフラワー専門店: メリット: 最高の技術で芸術性の高いお花が提供されます。 デメリット: 制作に時間がかかることもあり、準備日数を確保する必要があります。

おすすめの順番は、専門店通販≫大手花屋さん≫小規模花屋さん・一般通販です。現在では、プロフェッショナルショップとしての「プロポーズフラワーの専門店通販」に、並外れた技術力と専門特化したサービスがあり、人気が集まっています。

おすすめのプロポーズフラワー通販

プロポーズにピッタリの美しいバラの花束を贈るには、信頼が深くて品質の高い、プロポーズフラワー専門通販のサービスを選ぶことが重要です。以下に、プロポーズフラワー専門の花通販の中でも優れた実績と人気が高いショップをご紹介!!  参考にしていただければ幸いです。

『パティスリーフラワー』

・東京代官山の『パティスリーフラワー』は、とても評判の高いプロポーズフラワー専門店です。数多くのテレビ・ラジオ・雑誌にも紹介されています。
・特徴は「高品質の花材」「錬られたセンス」「花技術の開発」「プロポーズに関しての研究熱心さ」にあり、今までに4200組以上のプロポーズにタッチしてきた実績が積み重ねられています。

大評判の『メッセージローズ』とは 

『メッセージローズ』とは、最高級生花の花束のなかに、1本~2本のプリザーブドフラワーを入れたもの。そこには、「あなたの心からの愛のメッセージ」を書き込めるようになっています。

『ハナプライム』

人気の花通販『ハナプライム』が贈るプロポーズフラワー!! 『ハナプライム』は政治や経済界、芸能界などへの胡蝶蘭ギフトが大好評ですが、オシャレなフラワーデザイナーが手掛けるプロポーズのバラもとても評判の良い花商品てす。

卓越した花技術や洗練されたセンスによって、花束の見栄えからラッピングまで、まさしく”芸術品”ともいえる美しいバラの花束が完成して贈られます。そして価格以上に思われるゴージャスな花束が届くミニサプライズ感も『ハナプライム』の魅力です。

ラッピングやメッセージカードまでもすべてコミコミで表示価格にすべてが含まれています。

オシャレな薔薇の花束でロマンチックな演出を! ➤🌹『HanaPrime(ハナプライム)』公式

『メリアルームメン』

プロポーズでのアートフラワー(アーティフィシャルフラワー)専門通販です。

高級造花であるアートフラワーは芸術性・付加価値の高い花として今、大変に脚光を浴びています。
「メリアルームメン」は、アートフラワーの薔薇プロポーズの第一人者的存在であり、いわば愛と芸術を融合させた特別な瞬間を創り出すためのプロフェッショナルショップと言ってもよいでしょう。

大評判の『刺繍ローズ』とは

『刺繍ローズ』とは、

あなたから彼女へ贈る愛のメッセージ。

薔薇の花びらに、「I Love You」などのメッセージが、「シルバーの刺繍」で刻まれます……!

あなたから彼女へのオンリーワンプレゼントになります。

メリアルームメン《人気No.2》12本の豪華な赤いバラで特別な日を彩る
12本の豪華な赤いバラで特別な日を彩るメリアルーム MEN

参考㌻➤【メリアルーム(meria room)】プロポーズや記念日のアートフラワーが人気の理由は?

花束を注文する際のポイントと注意点

  • 愛する人にぴったりのバラの花を選ぶことが重要です。彼女の好みや個性を考慮し、色や種類を選びましょう。赤いバラは情熱や愛を表現します。ピンクのバラは優しさや感謝の気持ちを現わします。
  • 注文する際の重要なポイントは「配送日や時間・配送場所」です。プロポーズの場所や日程を明確にします。特別な日や彼女の予定に合わせて、サプライズの効果を高めましょう。
  • メッセージカードギフト包装のオプションも積極的に利用して、より一層のロマンチックさを演出します。
  • 彼女に驚きと感動を与えるためには、事前のシュミレーションと段取りが全てといっても過言ではありません。たとえば、レストランでのプロポーズなどでは、花の注文時の配送場所をホテルフロントやレストランに手配したいものです。そのためには、レストランとの簡単な事前打ち合わせも必要になります。

プロポーズ用の花のスタイル: 花束・一輪・プリザーブド・アート

主なプロポーズ用の花のスタイルをご紹介します。

花束(はなたば)のプロポーズ

プロポーズには、相手の好みや季節の花を取り入れて、美しい花束を作ることが重要です。その意味では、オーダーメイドの花束もおすすめです。また、花束とブーケは、基本的には同じものでずか、プロポーズ用としては、茎を短くカットして丸いフォルムに束ねたブーケの方が、よりフォーマルで華やかなイメージがあります。

一輪(いちりん)のプロポーズ

一輪は、一本の花。プロポーズの場面では、シンプルでエレガントな印象を与えます。例えば、バラ1輪は「あなただけ」の花言葉があり、一輪の花には、深い感情や純粋で一途な思いが込めることができます。バラ1輪プロポーズの場合は、生花の一輪よりも、ダイヤモンドラメで装飾したプリザーブドローズやアートフラワーなどが人気です。

プリザーブドフラワーでのプロポーズ

プリザーブドフラワーは特殊な処理を施すことで生花を長期間保存できるようにしたものです。生花のような美しさを輝かせながらも半永久的に枯れない花。「永遠の愛の結びつき」を象徴する花としてプロポーズに用いられます。

アートフラワー(アーティフィシャルフラワー)でのプロポーズ

アートフラワーは、芸術性が高い高級造花。シルクなどの素材を使用しています。プロポーズ用の花として、特別なデザインや色合いの花を創り出すことができ、相手の心に残る印象的な贈り物になります。プロポーズにおいても近年、評判の花スタイルです。

これらの花のスタイルから、相手の好みや個性、そしてプロポーズの雰囲気に合わせて選びましょう。

プロポーズの「タイミング・場所・演出」

プロポーズをする際には、「タイミング」と「場所」を考慮することが極めて重要です。そして、プロポーズに使用する花を選ぶ際にも、その時と場所、そして「演出」も考慮する必要があります。以下に、プロポーズに最適なタイミングと場所の例を示します。

プロポーズのタイミング例

  • 特別な日やイベント:2人が出会った記念日、クリスマスなどの特別な日に。大切なイベントに合わせた花を。
  • ロマンチックな瞬間:夕日が沈む海辺、星空の下、キャンドルが輝くディナーなどに。ロマンチックな花を。
  • 相手が幸せな状態である時:誕生日や喜びごとがあった時に、その瞬間を彩る素敵なフラワーブーケを。

プロポーズの場所の例

  • 特別な場所:高級レストランや、2人だけの特別な思い出の場所で、そこでのエピソードがあればその花を。
  • 自然の美しい場所:特別な公園、湖畔、山頂など、自然の美しい景色が広がる場所で。持ち運びにも考慮した花を。
  • プライベートな場所:自宅、ホテル、車など、プライベートで過ごせる場所で。サプライズ的な要素も含めた花を。

最適なタイミングと場所は、お2人の関係や個々の好みによって異なります。相手のことをよく考え、特別な瞬間を共有できるタイミングと場所、それにふさわしい花を選びましょう。

プロポーズの花を渡す場合の演出例

以下に、プロポーズの花を捧げる場合の演出例を挙げてみます。演出にも関連して、花を選ぶ必要があります。

  • ディナーでの演出例)デザートプレートに花束を添えて運んでもらって、プロポーズします。
  • テーブルの中央に花束を飾り、デザートの後に、花束を手渡すとともにプロポーズの言葉を伝えます。
  • 食事中に、プライベートなモニターで思い出のスライドショーを流して、お花も渡します。
    (レストランでは、タイミングよくお花を持ってきてもらうなど、スタッフの協力依頼が必要です)
  • 自然の中での演出例)風景はもちろん、水の音や自然の音色が美しい「場所」を、あらかじめ探しておきます。
    ➤午後の光か、夕暮れか、その場所のロマンチックな「時間」も検討します。
    ➤バッグから花を取り出してプロポーズします。少し前に自然のなかに花束を隠しておいてもOK。
  • 遊園地での演出例)観覧車に乗っているとき、突然バッグから花束を取り出し、プロポーズの言葉を述べます。
  • 自宅での演出例)おうちプロポーズ等のセットを利用。バルーンなどで部屋を飾り付けサプライズ感を演出。

いずれの演出も、相手の好みや関係性に合わせて工夫しましょう。

指輪と一緒に花束を渡す時のタイミング

指輪とともに花束を渡すタイミングは、シチュエーションや演出によって様々です。一般的には以下の4つのタイミングがおすすめです。

  • 待ち合わせ場所で会ってすぐに花束を渡す プロポーズの序章として、効果的な花束の渡し方の1つです。
  • プロポーズの言葉の前に渡す まず、花束を渡すことで、相手を笑顔にし心をほぐす効果があります。
  • プロポーズの言葉の後、指輪と一緒に渡す 指輪を渡すことで真剣な想いを届け、花束で彼女の美を讃えます。
  • プロポーズの後に特別な演出で渡す 例えばレストランでのプロポーズの後にデザートと一緒に花束を渡します。

指輪とともに花束を渡すことは、プロポーズをよりロマンチックに演出する効果があります。

プロポーズの花の保存・加工方法

永遠の愛を象徴するプロポーズの花束、その美しさを色あせぬように大切に保つ方法をお伝えします。

プロポーズの花束を長持ちさせる保存方法

バラの花束を長持ちさせるポイントを4点掲げます。

  1. 花瓶に清潔な水を注ぎ、花を切り口を斜めに切り直して挿します。
  2. 水の中に花が触れないようにするため、葉や茎の下部は取り除きます。
  3. 日光や直接の風を避け、涼しい場所に置きます。
  4. 花瓶の水は毎日交換し、鮮度を保ちます。花の枯れた部分は適宜取り除きます。

花束をドライフラワーにする方法

バラの花束をドライフラワーにするのは簡単です。以下、その方法を簡潔に述べます。

  1. 花束を逆さに吊るし、直射日光の当たらない風通しの良い場所に置きます。
  2. 花束が完全に乾燥し、花びらがパリッとするまで待ちます。通常、数週間かかります。
  3. 乾燥が完了したら、花束を取り外し、花びらや葉をバラバラに分解し、湿気のない容器に入れます。

バラプロポーズの思い出を残すための加工方法

プリザーブドフラワーを使ったプロポーズではなく、プロポーズで生花を渡した後に、プリザーブドフラワーにする加工方法もあります。生花と変わらない形で5年以上輝きを失わないといわれるプリザーブドフラワーは、結婚式の時のブーケやお花の一部として飾ることもできます。

また、一番簡単なのはドライフラワーにすることです。その他、大切な花束を押し花に保存加工したり、 レジン封入する方法 ・記念品として加工する方法もあります。これらは購入した店舗に頼むか、専門業者に頼みます。

(まとめ)プロポーズの花に迷ったら「赤バラの花束」を!!

今回は、プロポーズの最適な花の選び方、おすすめ通販、花の本数、渡し方、花束のその後までのポイントを解説しました。

プロポーズの言葉や花選びは、男性にとっては、とても悩む事柄でもあるでしょう。ただ、悩み過ぎてもあまり意味のないことです。なぜなら、プロポーズはストレートの方がいいという女性の意見が圧倒的に多いからです。

ですから、花の種類に迷ったら「赤いバラ」。言葉に迷ったら「結婚してください」のストレート表現を使うことをおススメします。

もちろん別の愛情表現も可能です。要は、そこにどれだけの愛の気持ちが込められているか。愛の純粋さと愛の強さがあるならば、きっと彼女のハートを射抜くことができるでしょう。