退職祝に胡蝶蘭を贈る

今回は、退職祝いに贈る花・胡蝶蘭について、有名通販やマナーなどをご紹介致します。参考にしていただければ幸いです。

退職祝いのお花として胡蝶蘭が選ばれる理由。

退職祝いに贈る花として胡蝶蘭を選ぶ方も多くいらっしゃいます。まず、その理由についてみてみましょう。

退職される方への感謝と今後の人生への期待を表現しやすいお花だから。

胡蝶蘭は、「幸福が飛んでくる」の花言葉を持ち、さらに胡蝶蘭の鉢植えは「幸福が根付く」とされていて、誠に縁起よいお花です。今までお世話になった方へ、感謝の思いも含めて「おめでとう」をお伝えしたい時、またその新しい人生に祝福を贈りたい時に、胡蝶蘭は最適なお花ギフトになります。

ビジネスシーンでは、今後も良きパートナーとしてともに発展していきたいという意思表示。

退職と言っても人さまざまです。贈る相手の方が転職や独立・自立をめざしている時、胡蝶蘭の花が象徴する「幸福と発展・繁栄への願い」は、「今後も宜しくお願いします」という爽やかな意思表示となります。(もちろん簡単な「メッセージカード」を添えることが必要です。)

それでは、退職祝いに喜ばれる胡蝶蘭の種類、売れ筋をご案内いたします。

(参考㌻)花通販18選【今必要なShop探し】
おしゃれな花屋オンライン15選花の当日配達
プロポーズの花束【どこで買う?!】・ばらの本数は?
胡蝶蘭おすすめ通販9選お祝い特集

退職祝いのお花・胡蝶蘭【法人・ビジネス向け】

法人向け、直属の上司や先輩には華やかな大輪や中大輪「白色」

胡蝶蘭の売れ筋№1の3本立45輪以上の「白」が退職祝でもとても人気です。

退職祝いのお花・胡蝶蘭【個人向け】

ご家族や兄弟、親しい友人・知人向けにはミディやマイクロ胡蝶蘭3本立30輪等 

退職祝いのお花・胡蝶蘭【法人&個人】

法人・個人問わず、紅白のリップも縁起が良いと人気。

退職祝いのお花・胡蝶蘭【有名通販から選ぶ】

退職祝いでは「大輪・中輪の白色」「カラフルなミディー胡蝶蘭」「赤リップ」などが得意な胡蝶蘭専門の通販を選択する必要があります。ブルーリボン賞などの有名な賞の受賞歴がある専門花農家と提携している、評判のよい胡蝶蘭通販店をご紹介いたします。

企業等も頻繁に利用。最高級「ブルーエレガンス」も大好評『HANAMARO』

企業等も頻繁に利用。最高級「ブルーエレガンス」も大好評『HANAMARO』胡蝶蘭【価格・相場&おすすめ通販】
厳選した胡蝶蘭生産者のお花のみを扱っております。

オーダーメイドやカラフル胡蝶蘭なら『胡蝶蘭園.com』

オーダーメイドやカラフル胡蝶蘭なら『胡蝶蘭園.com』胡蝶蘭【価格・相場&おすすめ通販】
胡蝶蘭園.comは、秘書が選ぶ胡蝶蘭専門サイト第1位の胡蝶蘭専門店です。

ミディ胡蝶蘭や黄色の大輪胡蝶蘭なら『幸福の胡蝶蘭屋さん』

胡蝶蘭【価格・相場&おすすめ通販】ミディ胡蝶蘭や黄色の大輪胡蝶蘭なら『幸福の胡蝶蘭屋さん』
人気NO1大輪白3本立ち。高さ約80cmで合計28~36輪の花姿。

豊富なサイズ&可愛いピンク系品種が大人気の『オーキッドファン』

豊富なサイズ&可愛いピンク系品種が大人気の『オーキッドファン』胡蝶蘭【価格・相場&おすすめ通販】
「可愛いピンク系の品種」も豊富でとても喜ばれています。

退職祝いのお花・胡蝶蘭【相場(値段)から選ぶ】

退職祝いの胡蝶蘭の相場は?

もちろん相手との関係性・親密度において大きく変わります。

上司など会社関係の目上の方

・相場は5千円~1万円です。

・職場の複数人数で渡す場合は2万円~3万円
・特別にお世話になった方や、これからも親密にされる方には5万円以上の場合もあります。

同僚や同期

・相場は3千円~5千円程度。

両親や親戚などの退職祝い

・相場は1万円~3万円です。

退職祝いのお花・胡蝶蘭【Q&A*マナー・注意点】

退職祝いの胡蝶蘭を贈る際のマナーをQ&A形式でご説明いたします。

Q1.退職祝いの胡蝶蘭を贈るタイミングは?どこに贈るか?

・退職祝いの胡蝶蘭は「退職の日」ではなく「送別会や最終の出勤日」に渡すことが一般的です。もちろん有給処理などがなく退職日が最後の出勤日の場合はその時にも渡せます。
・職場で直接に手渡しすることがおすすめです。

Q2.退職祝いのラッピングはどのうようなものがいいか?

・退職祝に限らず、胡蝶蘭をお贈りする場合は、お花に「華やかなラッピングと木札」を施すのが一般的です。
・職務を全うされて定年退職される男性の上司には「ブルー系の爽やかなラッピング」。寿退社される女性には「ピンク系のかわいいラッピング」など、退職の種類に合わせて選びます。
・いずにしても、お贈りする胡蝶蘭の色合いとラッピングの兼ね合いも考えて、より華やかになるように選択しましよう。

Q3.退職祝いの胡蝶蘭ギフトで気を付けることは?

・胡蝶蘭には一定の重さがあります。退職祝いの胡蝶蘭を渡す場合、上司などで大変お世話になった方へは、感謝の気持ちを込めて「あまりにも小さな胡蝶蘭は贈りたくないし、比較的大きな胡蝶蘭では持ち帰りが困難かもしれない」と思って、どちらにするか迷ってしまうことがあります。

お持ち帰りいただくことが困難な場合は、後日、ご自宅に贈るように手配しておきまょう。

・退職される方が「お祝いごとは奇数で贈る」などの風習に日ごろから細かい方の場合は、3本立や5本立などの奇数の立ち数の胡蝶蘭を準備しましょう。

Q4.昇進祝いに立て札は必要か?

退職祝いの胡蝶蘭にもマナーとして「立て札」を立てます。あまりフォーマルにしない場合は、「メッセージカード」を添えることもあります。(ちなみに、ビジネスシーンの一般的な場合は、「立て札」ではなく「メッセージカード」を添えるのは卓上商品などの場合です)

退職祝いの立て札の注意ポイント

・立て札には木と紙があります。比較的フォーマルの場合は「木の立て札」。カジュアルでもいい場合は「紙の立て札」を使用します。

退職祝いの立て札の書き方

立て札の書き方の基本は、
・「お祝い内容」(「祝 御退職」「御退職祝」など)を赤色で。
・「贈った方のお名前・または社名と代表者の役職・氏名」を黒色で。
・「お届け主様名として個人名、または社名」を黒色で記載します。

立て札に加えて、「メッセージ」も添えるととても喜ばれます。{

感謝と労い、NewLifeへの祝福を込めて贈る「退職祝いのお花」!!

退職される方とは今後、接する機会がほとんどないかもいれません。でも、いずれはまた自分も退職する日は必ず来ます。自分が退職する日が来たとして何が一番嬉しいでしょう。それは後輩から感謝や労いの気持ちをいただくことかもしれませんが、自分が尽くしてきた会社が感謝の気持ちをキーワードにして(お客様を大切にし)より発展する予感がすることではないでしょうか。

胡蝶蘭には神秘的な魅力があります。「感謝や幸福、繁栄への道が象徴」されていて、退職される方への労いと共に、今からの新人生がダイナミックに展開して思わぬ幸福が訪れるような予兆がする「祝福のお花」でもあるのです。

社長就任祝い就任祝い昇進祝い栄転祝い退職祝い
開店祝い開業祝い開院祝い誕生日結婚記念日
引っ越し祝い出産祝い金婚式各種記念日長寿祝い
還暦祝い古希祝い喜寿祝い傘寿祝い白寿祝い
お祝い別の胡蝶蘭ギフト詳細ページをご案内(各リンク)