栄転祝いに花(胡蝶蘭)を贈る

栄転祝いの贈り物として、縁起の良いお花として知られている「胡蝶蘭を贈る」場合の、おすすめ通販やマナーなどをご案内致します。

栄転の意味を正しく知って胡蝶蘭を贈る

栄転の意味とは

贈物ギフトで最初に大切なことは「お祝いの種類をしっかりと捉えること」です。
まずは以下から「栄転の意味」を確認してみましょう。

・栄転とは、栄える・転ずると書かれているように、「昇進と異動」が伴うものです。
・ただし、昇進しなくても、今までよりも大きな支社などへの転勤も「栄転」です。
・逆に、昇進しても、今までよりも小さな支社などへの転勤は、その状況に応じて違います。
・昇進しても、転勤が伴わなければ、もちろん「栄転とは言いません」。
・また、「栄転」あっても、あきらかに本人の希望と沿わないならばお祝いは慎みましょう。
他のケースもありますが、栄転は「客観的な良き状況で本人の喜び」&「異動が伴うもの」で判断できます。

栄転祝いで胡蝶蘭が選ばれ、贈る相手にも喜ばれる理由

栄転祝いではネクタイなどもよく贈られますが、個人的な嗜好のあるものはご利用も限られるということで、お祝いの気持ちをよりストレートに表現したフラワーギフトもとても人気があります。

なかでも「幸福が飛んでくる」という花言葉を持った胡蝶蘭は、「離れた場所でも贈る方のご活躍とご健勝を心より願う愛の気持ち」を表したギフトとしてピッタリの贈り物となります。

贈る相手にも胡蝶蘭が喜ばれる理由の一番は、旅立ちとして「誠に縁起の良いお花」であるからです。そして「豊かな華やかさが長持ちするお花」でもあり、胡蝶蘭を通して「贈り出して下さった方の祝福の温かい気持ち」を転機時やその後のパワーに変えることができます。

栄転祝いに喜ばれる胡蝶蘭の種類、売れ筋をご案内いたします。

ご栄転祝いの花【胡蝶蘭大輪「白」】

(取引先・社内用)ビジネスシーンでよく用いられる豪華な大輪「白」

取引先に贈る場合は「ゴージャスな大輪の白い胡蝶蘭」が人気の品種です。ほとんどの有名通販Shopの売れ筋№1です。

ご栄転祝いの花【胡蝶蘭カラフルな色】

(社内や個人)カラフルな色で華やかさを「赤リップ・ピンク・黄色・ブルー」

贈る相手によっても変わります。男性ても女性でもお洒落な方にはピンクや「ブルーの胡蝶蘭」もおすすめです。

ご栄転祝いの花【ミディやマイクロ胡蝶蘭】

(主に社内・個人用)手頃なミディやマイクロなど

栄転祝いの花【胡蝶蘭専門通販から選ぶ】

栄転祝いでは「大輪の白色」「大輪・中大輪の赤リップ・ピンク・黄色やブルー」「ミディー胡蝶蘭」などが得意な胡蝶蘭専門の通販Shopを選ぶ必要があります。

以下に実績豊富な胡蝶蘭専門通販をご紹介します。ブルーリボン賞などの受賞農家と提携や、サービスの優れた通販です。

企業等も頻繁に利用。最高級「ブルーエレガンス」も大好評『HANAMARO』

企業等も頻繁に利用。最高級「ブルーエレガンス」も大好評『HANAMARO』胡蝶蘭【価格・相場&おすすめ通販】
厳選した胡蝶蘭生産者のお花のみを扱っております。

豊富なサイズ&可愛いピンク系品種が大人気の『オーキッドファン』

豊富なサイズ&可愛いピンク系品種が大人気の『オーキッドファン』胡蝶蘭【価格・相場&おすすめ通販】
「可愛いピンク系の品種」も豊富でとても喜ばれています。

栄転祝いの花【【相場(値段)から選ぶ】

栄転祝いの胡蝶蘭の相場は?

栄転祝いの胡蝶蘭の相場も、相手との親密性において大きく変わります。

相場(値段):中心的には1万円から3万円(特別な方へは5万円以上)

友人・知人・家族の昇進祝い

ご友人やご親族の栄転祝いは1~2万円が相場です。

取引先への栄転祝い

・一般的なお取引先への栄転祝いの相場は2万円程度です。
・特別なお付き合いのお取り先へは3~5万円が相場です。

社内の栄転祝いの相場

・部署で共同で贈る場合は1万5千円~3万円ぐらいです。
・大切な方に個人で贈る場合は1万~3万円程度になります。

栄転祝いの花【Q&A*マナー・注意点】

昇進祝いの胡蝶蘭を贈る際のマナーをQ&A形式でご説明いたします。

Q1.栄転と「昇進・就任・昇格」などの違いは?

・「昇進(就任)」は、職位が上位に上がること。昇進のなかでも就任は役員以上の昇進を言います。「昇格」は、社内試験などでの格付けが上がることです。
・「栄転」は、最初に示したように、「昇進や昇格かつ転勤が伴うもの」です。

Q2.栄転祝いの胡蝶蘭はいつ贈ればいい?どこに贈るか?

栄転祝いの胡蝶蘭は「正式な辞令後1週間以内に贈る」ことがマナーです。
・社内の方へ贈る場合は「送別会の日」などに渡しましょう。
・大きな胡蝶蘭の場合は栄転する方へ確認した後に、栄転先の着任日等に贈るケースもあります。
・取引先の方の場合は、相手先企業の総務や広報などに確認を取り指示を受けましょう。

Q3.栄転祝い胡蝶蘭ギフトで特に気を付けることは?

・3本立や5本立などの奇数の胡蝶蘭が多いのは「お祝い事は奇数がいい」などの風習にこだわる方がいらっしゃるためです。中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽説などに特に傾注してない人は気にする必要もないのですが、オーソドックスな「三本立て」や「五本立て」などの奇数立て胡蝶蘭の方が無難でしょう。

Q4.栄転祝いのラッピングは必要か?どのうようなものがいいか?

栄転祝いだけではなく、一般的に胡蝶蘭ギフトでは、「お花にラッピングと立て札を添えること」はマナーとして考えられています。

ラッピングはより華やかさを引き立てるためのものであり、栄転祝いでは、オフィスの雰囲気に合わせた、明るい色味のものが選ばれています。実績豊かな胡蝶蘭通販では、バラエティーなラッピングが用意されていて、そのなかからピッタリのものを選択することができます。

Q5.栄転祝いに立て札は必要か?

マナーとして、立て札を添えます。個人的に親しい方にはメッセージカード添えでもOKです。ラッピングと同様に、専門通販の申し込み案内に沿って記入すれば素敵な立て札が添えられます。

栄転祝いの立て札の注意ポイント

・栄転祝いの立て札に関して最も大切な注意点は、胡蝶蘭を贈る方の「新しい肩書き等を絶対に間違わない」ことです。会社の関係部署などに必ず確認しましょう。

・基本的にビジネスでは「木の立て」、個人的なお祝いでは「紙の立て札」を使います。

栄転祝いの立て札の書き方

・立て札の基本は、赤色で「お祝い内容」(「祝 御栄転」「御栄転祝い」など)、黒色で「届けた方のお名前・または社名と代表者の役職・氏名」、黒色で「お届け主様名として個人名、または社名」を記載します。

「胡蝶蘭の運気上昇の雰囲気」は栄転祝いにピッタリのギフト!!

ご栄転は、当事者はとても嬉しいものではあるけれども、またそれだけの「責任がともなうもの」でもあります。喜びのなかに身の引き締まる思いがする「ひとつの新しい人生の門出」。それが栄転という「転機の時」の意味でしょう。

多くの方の心がこもった「誠に縁起のよい胡蝶蘭」は、そのような大切な時のパワーとなるピッタリの贈り物となります。

社長就任祝い就任祝い昇進祝い栄転祝い退職祝い
開店祝い開業祝い開院祝い誕生日結婚記念日
引っ越し祝い出産祝い金婚式各種記念日長寿祝い
還暦祝い古希祝い喜寿祝い傘寿祝い白寿祝い
お祝い別の胡蝶蘭ギフト詳細ページをご案内(各リンク)